■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP はこちら♪ (^o^)/


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■







2011年11月30日

基礎工事着手。

[むくり屋根の家]


m1.jpg


m2.jpg


m3.jpg




 いよいよ、むくり屋根の家の基礎工事に着手しました。

 打合せをした基礎高さになるようにレベルを測りながら、逆スラブ部
分の土を掘削して、捨てコンクリートを打っています。

 次回は、ベタ基礎の配筋工事になります(笑)。
posted by てくてく at 09:14| 愛知 ☀| Comment(0) | 家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

建築探訪24(浦安市郷土博物館/千葉県)



永井政光建築設計事務所HPはこちら!



[今日の一枚]


IMG_2662.jpg


IMG_2670.jpg


IMG_2687.jpg


IMG_2691.jpg


IMG_2699.jpg




 今日の一枚は、千葉県浦安市にある 浦安市郷土博物館 です。

 この博物館へは、木組ゼミという、東京の木造伝統工法の家の勉強会の一環で訪れました。

 漁師町時代から築き上げられてきた浦安特有の文化や建築を学べる博物館です。愛知県で言えば、明治村と趣向はなんとなく似ているかもしれません。

 職業柄、特に建築に注目したのですが、どこかのテーマパークのような、なんちゃって建築とは違い、一つ一つの建築が当時の時代をそのまま再現したかのような本物です。

 昔の街並みは美しいなぁと、私はつくづく思います。これは、ノスタルジックに浸っているからではなく、屋根や外壁も全て木や本瓦など、自然素材でできており、家々の軒の高さもある程度低く揃っており、まるでパリの街並みのように、道路と建築が一体となって1つの景観を形成していることが主な原因だと思います。

 建築探訪14(有形文化財 旧林家住宅)でも少しとりあげたのですが、明治以降、準防火という概念で、大火事のおきにくい仕組みを作ったのは良かったと思うのですが、特に外壁にモルタル壁や不燃サイディングにしたことによる、景観への悪影響は、計り知れないものがあったと私は思います。

 身近なところからでも、美しい街並みをつくっていきたいものです。





場所  :千葉県浦安市猫実一丁目2番7号
作品名 :浦安市郷土博物館
撮影日 :2009.7.11



永井政光建築設計事務所HPはこちら!


posted by てくてく at 01:54| 愛知 ☁| Comment(0) | 建築探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月29日

建築探訪23(泰山館/泉幸甫)



永井政光建築設計事務所HPはこちら!



[今日の一枚]


IMG_0009.jpg


IMG_0010.jpg


IMG_0011.jpg


IMG_0012.jpg




 今日の一枚は、建築家 泉幸甫さんが設計した 泰山館 です。

 私は平成19年に、「独立したてのころ」という題目で、現在活躍中の建築家さんたちによるトークセッションを東京まで聞きに行った事があるのですが、その中のお一人が今日ご紹介する泉幸甫さんでした。

 ちなみに、そのトークセッションのその他のメンバーは、川口通正さん、本間至さん、安井正さん、そして、終盤に飛び込みで、菊竹事務所に長年勤められていた遠藤勝勧さんで、みなさん現在かなりご活躍されている建築家です。

 泉さんは1947年生まれで、「Apartment 鶉(じゅん)」で、日本建築学会賞を受賞されています。



 泉さんは、私の印象だと、物の素材感を大切にされており、美的感性の大変優れた建築家だと思います。

 今回の建物「泰山館」は高級賃貸マンションです。残念ながら中には入れなかったのですが、外観だけでも大変見ごたえのある、泉さんらしい建物でした。まるで、美術品を観るような感覚で、楽しませて頂きました。





場所  :東京都目黒区東が丘1丁目(1990年竣工)
作品名 :泰山館
建築家 :泉幸甫
撮影日 :2010.2.22



永井政光建築設計事務所HPはこちら!


posted by てくてく at 00:47| 愛知 ☁| Comment(0) | 建築探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月28日

丁張りの立会い。

[むくり屋根の家]


IMG_0057.jpg



 今日は、むくり屋根の家の丁張りの立会いと、基礎廻りの打合せをして
きました。


 今回の丁張り(ちょうはり)とは、地盤を掘る掘削や、基礎工事を着
手する前の建物の正確な位置を出す作業のことで、別名、水盛り遣り方
(みずもりやりかた)とも言います。

 写真は工事施工中の写真です。まず、建物から1m以上離した位置に
木の囲いを造って、その木と木を水糸と呼ばれる糸で結びます。その結
ぶ位置は、建物の外壁のちょうど中心に来るようにします。これで正確
な建物位置を出します。
 
 今回は最後まで立ち会うことが出来ませんでしたが、この丁張りが終
わればいよいよ基礎工事に入っていきます。

 着々と進んでいます。今後が楽しみです(笑)。
posted by てくてく at 17:02| 愛知 ☁| Comment(0) | 家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カフェ/ボンポアンカルダン 愛知県岩倉市

IMG_0046.jpg


IMG_0041.jpg



 先日行って来たカフェです。カレーとホットコーヒーを注文しました。コー
ヒーは濃厚で、私好みでした。

 田園風景の中にポツンと建っている建物で、名草線の北名古屋と岩倉の間ら
へんを走っていると、東方向に見えます。

 外観、内観ともシンプルで、白を基調にした明るい店内は、結構くつろげま
す。カフェ好きの方にはおすすめです!




店名  :ボンポアンカルダン
場所  :愛知県岩倉市川井町折口59-1
撮影日 :2011.11.27
posted by てくてく at 16:30| 愛知 ☁| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP はこちら♪ (^o^)/


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■











■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


おすすめの「あずま袋」屋さん
麻縫製工房 公式shop はこちら♪ (^o^)/



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■









人気ブログランキングへ ← 押すと「今日のてくてく」の順位がわかります。