■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP  ← こちら
永井政光建築設計事務所 公式YouTube  ← こちら


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■






2011年11月08日

建築探訪7(ミレニアムブリッジ/ノーマンフォスター)



永井政光建築設計事務所HPはこちら!



[今日の一枚]


PA140074.jpg


PA140065.jpg


PA140081.jpg


PA140068.jpg


PA140066.jpg


 今日の一枚は、建築家の巨匠ノーマンフォスターの設計したミレニアムブ
リッジ
です。

 この橋は、ロンドンのテムズ川を挟むセントポール大聖堂と、テートモダン
という美術館(元々は発電所でした。)を一直線に繋いでいます。

 ノーマンフォスターは、建築家であり思想家でもあるバックミンスター・フ
ラー(「宇宙船地球号」という言葉で有名)のもとで働いた後、建築家リチャ
ード・ロジャースと会い「チーム4」を結成し、その後も、建築におけるノーベ
ル賞ともいわれるプリツカー賞を受賞したり、爵位を頂いたりと、快進撃を続
けます。

 彼の建築の特徴は、何と言ってもハイテクな感じのメタリックな外観や、構
造体を隠さず、むしろ構造体自体をかっこよく魅せるように設計していること
です。細かい接合部材の一つ一つにまで、オーダーメイドでデザイン・設計し
ています。

 そんな彼の思想がよく反映されている作品の1つが、今回のミレニアムブリ
ッジです。一般的で常識的な橋は、上から橋桁を吊ったり、橋の床をむくら
せるたり、橋脚をアーチ状にするなどするのですが、ミレニアムブリッジでは
本来上から吊るワイヤー(テンション材)を橋桁の横に配置しています。

 実際に橋を渡った感想としては、とてもシンプルでスッキリしていて、床が
テムズ川にとても近い(床が低い)感じがしました。竣工当時、建築雑誌で観
たときは正直あまりピンとこなかったのですが、実際は非常にかっこよかった
です。(やっぱりノーマンフォスターはすごかった!!)



場所  :UK(ロンドン)
作品名 :ミレニアムブリッジ(2000年竣工)
建築家 :ノーマンフォスター卿
撮影日 :2006.10.14



永井政光建築設計事務所HPはこちら!


posted by てくてく at 08:45| 愛知 ☀| Comment(0) | 建築探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP  ← こちら
永井政光建築設計事務所 公式YouTube  ← こちら


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■