■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP  ← 公式HPに移動します。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■






2011年12月03日

建築探訪25(倉敷市 伝統的建造物郡保存地区/岡山県)



永井政光建築設計事務所HPはこちら!



[今日の一枚]


IMG_2015.jpg


IMG_2016.jpg


IMG_2009.jpg


IMG_2040.jpg


IMG_2048.jpg


IMG_2049.jpg


IMG_2029.jpg




 今日の一枚は、岡山県にある 倉敷市 伝統的建造物郡保存地区 です。

 JR山陽本線の倉敷駅から南東へ500mほど行ったところに、今回ご紹介させて頂く
保存地区があります。

 川と伝統的な街が一体となって、美しい景色が広がります。私は、この川と街の一
体感を観たときに、イギリスのコッツウォルズという地域の、絵本に出てきそうな詩
的で美しい街並みを思い出しました。

 堤防を低くして、いわゆるコンクリートなどの土木工事を最小限に抑え、電柱を地
中化し、さらに並木道にして、軒の低い街並みが続き、建物の素材や色を漆喰や木、
燻し瓦などある程度統一にするなど、趣きのある景観をつくる様々な工夫が見受けら
れます。

 私が現在住んでいる北名古屋市の西春駅周辺でも、昔は賑やかな商店街がありまし
たが、現在はその活気は感じられません。しかし、工夫次第で倉敷市の街並みのよう
な魅力的で趣きのある感じにできると思います。

 日本には、倉敷市のように、市が美観地区のような地区指定をして、美しい街並み
や景観を守っているところも少なくありません。そういった魅力的な街並みを観るた
びに、今実際に暮らしている町でも、市町村がその気になって、地区指定をして、力
量をもった方がグランドデザインや方針を打ち立てれば、かなりいい感じにできるの
ではないかと、強く思います。

 今後の設計活動において、街並みという観点からでも、一建築家としていい貢献が
できたらと思います。





場所  :岡山県倉敷市本町全域、中央1丁目北部(前神町など)、東町・阿知2丁目・
     鶴形2丁目の各一部
作品名 :倉敷市 伝統的建造物郡保存地区
撮影日 :2009.4.29



永井政光建築設計事務所HPはこちら!


posted by てくてく at 01:36| 愛知 ☁| Comment(0) | 建築探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP  ← 公式HPに移動します。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■