■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP  ← 公式HPに移動します。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■






2011年12月17日

建築探訪36(英国のパブいろいろ)



永井政光建築設計事務所HPはこちら!



[今日の一枚]


DSCF1089.jpg


DSCF1090.jpg


IMG_0311.jpg


DSCF1081.jpg


IMG_0317.jpg




 今日の一枚は、 英国の色々なパブ です。

 英国のパブは、日本で言えばメニューの少ない居酒屋みたいなもので、フィッシュ&チップス(白身魚のフライ&フライドポテト)など数種類の食べ物と、あとはドリンクくらいしか品数はありません。

 しかし!英国のパブはたまらなく魅力的です。私は英国パブが大好きで、おそらく、合計20軒くらいは訪れたと思います。

 何がそんなに魅力か。

 まず第一に、重厚で薄暗く、それでいて居心地のいい室内です。オークなど、年季の入った硬い木や煉瓦の内装は、古いもの、伝統のあるものに大きな価値を置く英国人的な好みを実感することが出来ます。場所によっては、巨大モニターで現地のサッカー中継を放映していたり、カッコイイUKロックばかりを流す店もありました。

 第二に、外観です。 多くの英国パブが、美しい花を外壁上部などに飾り、煉瓦やペンキの塗られた重厚な木部と相まって、スタイリッシュでカッコイイ感じを醸しだしています。どこも、新鮮で新しい花が飾られていました。

 第三に、とにかくビールが美味いです!特に、現地の人が良く飲むエールビールは、結構フルーティで、1パイント(570ml(標準グラス1杯分))片手に、多くの現地人が楽しそうに、時には熱弁を振るって語り合っています。



 日本との違いを一番感じるのは、室内が本物のいい材料を使っているということです。日本の居酒屋の多くは、いかにも早くて安くて、ありきたりの材料をとってつけたような内観が多くて、50年、100年、その店がその仕様で存続できるとは到底思えません。

 アメリカ的な市場主義経済では初期投資を安くして、早く回収するといったスタイルでないと飲食店はなかなか成り立たないかもしれませんが、経済的なことに目をつむって長い目で見たら、イニシャルコストが多少高くても、上質な自然素材などの本物志向で、長く使い込める内装がベストだと私は思います。
 



場所  :UK
作品名 :英国の色々なパブ
撮影日 :2006.10.13,16



永井政光建築設計事務所HPはこちら!


ラベル:英国 パブ
posted by てくてく at 01:03| 愛知 ☀| Comment(0) | 建築探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP  ← 公式HPに移動します。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■