■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP  ← 公式HPに移動します。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■






2011年12月30日

建築探訪44(エトワール凱旋門/J.F.TH.シャルグラン)



永井政光建築設計事務所HPはこちら!



[今日の一枚]


paris13.jpg


 今日の一枚は、パリにあるあの有名な エトワール凱旋門 です。

 凱旋門は、1806年ナポレオン・ボナパルトの命によって建設されました。

 新古典主義といわれる建築様式でつくられ、18世紀後半以降フランスで見られた古代ギリシア・ローマ(古典古代)への回帰運動を指して使われるようになったそうです。

 この凱旋門を中心に12本の通りが放射状に延びており、そのうちの一本があのシャンゼリゼ通りです。



 大学時代フランスに訪れた際、シャルル・ド・ゴール国際空港からパリに向かって、パリ市内で最初に目に飛び込んできた建築が、この凱旋門でした。

 パリに辿り着いたのは朝の6時頃で、気持ちのいい快晴で、清々しい気分でした。

 往復の航空チケットとパスポートと最小限の荷物のみで、1ヶ月間パリに滞在する一人旅だったので、この凱旋門付近で座って、「地球の歩き方」をペラペラめくりながら、今日からどこに宿泊しようかと、ホテル探しをしたのを懐かしく思います。



 凱旋門を観た印象は、思ったより大きくて迫力があるなぁ、と思いました。

 今観ると、迫力だけではなく、美しくて、上手にデザインされているなぁと思います。

 形状やデザインが一度見たら忘れられない、強い存在感のある建築で、今の時代の建築にはない魅力の源泉に、少し触れられたような気がします。




場所  :Place Charles de Gaulle Etoile 75008 Paris フランス
建築家 :J.F.TH.シャルグラン
作品名 :エトワール凱旋門



永井政光建築設計事務所HPはこちら!


posted by てくてく at 01:30| 愛知 ☁| Comment(0) | 建築探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP  ← 公式HPに移動します。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■