■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP  ← こちら
永井政光建築設計事務所 公式YouTube  ← こちら


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■






2011年12月31日

建築探訪45(スペイン広場/フランチェスコ・ディ・サンクティス)



永井政光建築設計事務所HPはこちら!



[今日の一枚]


rome17.jpg


rome7.jpg



 今日の一枚は、映画「ローマの休日」で、オードリー・ヘプバーン扮する王女がジェラートを食べたシーンでもおなじみの スペイン広場 です。

 スペイン広場の美しい階段は後期バロック様式で、ローマを代表するモニュメントのひとつに数えられています。階段下には、ローマ・バロックの立役者ベルニーニのお父さんが設計した「バルカッチャの泉」があります。



 大変賑わっており、観光客と思われる人々が階段でくつろいでいました。



 私がこの広場や階段を観て考えたのは、大理石についてです。

 日本では、大理石は風化しやすいので、外部で使うのは良くないことだと教わってきましたが、スペイン広場をはじめ、大理石でつくられた多くのローマ建築を観て、自然の雨風によって風化された大理石は、無垢の木と同様に味わい深さが増していき、いいものだと思いました。

 日本の建築で、石を外部の仕上げ材に使用する場合に最も良く使われるのは御影石(花崗岩)だと思います。御影石は大変風化しにくいのが大きな利点の一つだと思いますが、そうであるがゆえに、自然による風化の魅力はありません。

 自然の摂理によって、長い年月をかけて朽ちてゆくものの魅力、または自然素材の経年変化により増加する味わい深さは、なんとも捨てがたい魅力があります。

 そういった、経年変化や風化を活かしたものづくりが出来たら面白いなぁ、と強く感じました。



場所  :Piazza di Spagna rome イタリア
     (地下鉄A線スパーニャ「Spagna」駅下車徒歩3分)
作品名 :スペイン広場(1725年竣工)
建築家 :フランチェスコ・ディ・サンクティス
撮影日 :2003.3.13



永井政光建築設計事務所HPはこちら!


posted by てくてく at 12:24| 愛知 ☀| Comment(0) | 建築探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP  ← こちら
永井政光建築設計事務所 公式YouTube  ← こちら


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■