■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP  ← 公式HPに移動します。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■






2012年01月11日

建築探訪54(国立天文台 旧1号官舎(星と森と絵本の家に改修前))



永井政光建築設計事務所HPはこちら!



[今日の一枚]


IMG_1047.jpg


IMG_1048.jpg


IMG_1049.jpg


IMG_1050.jpg


IMG_1051.jpg


IMG_1052.jpg


IMG_1053.jpg


IMG_1054.jpg


IMG_1055.jpg


IMG_1056.jpg


IMG_1057.jpg


IMG_1058.jpg


IMG_1059.jpg


IMG_1060.jpg


IMG_1062.jpg


IMG_1063.jpg


IMG_1064.jpg


IMG_1067.jpg


IMG_1068.jpg


IMG_1069.jpg


IMG_1070.jpg


IMG_1071.jpg


IMG_1072.jpg


IMG_1075.jpg


IMG_1076.jpg


IMG_1077.jpg


IMG_1078.jpg


IMG_1079.jpg


IMG_1081.jpg


IMG_1084.jpg


IMG_1085.jpg


IMG_1086.jpg


IMG_1087.jpg


IMG_1088.jpg


IMG_1090.jpg


IMG_1094.jpg



 今日の1枚は、 国立天文台 旧1号官舎(星と森と絵本の家に改修前) です。
(ちょっと、写真が多くなりすぎてしまいました。)

 ここへは、依然ご紹介した木組ゼミという勉強会の一環として訪れました。

 旧1号官舎をいったん解体した上で、建築基準法に則って、「星と森と絵本の家」
という、約2000冊の絵本をくつろいでゆったりと読める建物に復元・再築を行い、
新たに管理棟を併設する計画です。(現在、すでに完成しています。)

 今回ご紹介する写真は、旧1号官舎の仕上げ材が剥がされて、構造材の状態がみれ
る状態のときに訪れた写真です。大正4年の建物だそうで、構造材が痛んでいる箇
所が何箇所も見受けられますが、できるだけ現在でも使える材料は利用されるそうで
す。

 木という材料は、国産の材料であったり、湿気のこもらない環境であるなど、適
切な使われ方をすればかなり長く使うことが出来、法隆寺を例に挙げるまでも無く、
昔の古い民家でも、しっかりとつくられた家であれば100年以上の家もざらにあるこ
とが、木の耐用年数の長さを証明しています。

 昔の大工さんたちが、当時どのような継手や仕口にして、どんな寸法の材料で、ど
ういう骨組みの組み方をして、構造的にはどういう解釈をしていたのか、さらには、
どういうところが痛みやすいのかとうことも含めて、100年ほど前の先人たちの造っ
た建築を真近にみれて、いい勉強をさせて頂きました。

 時々見返して、木組みの理解を深めていきたいと思います。




場所  :東京都三鷹市大沢2-21-3
作品名 :国立天文台 旧1号官舎(大正4年竣工)(星と森と絵本の家に改修前)
撮影日 :2008.9.7



永井政光建築設計事務所HPはこちら!


posted by てくてく at 10:46| 愛知 ☀| Comment(0) | 建築探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP  ← 公式HPに移動します。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■