■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP  ← 公式HPに移動します。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■






2012年01月24日

銘木屋さんにて、「むくり屋根の家」に使う一枚板などの確認。

[むくり屋根の家]

IMG_0263.jpg
・八百津の銘木屋さんから見た風景。


IMG_0269.jpg
・加工する前の、良質な乾燥した材料。


IMG_0273.jpg
・木肌や木目などを確認するために、表面を削って頂きました。




 今日は、むくり屋根の家の玄関廻りなどに使用する、一枚板などの木を確
認するために 銘木屋さん に行って来ました。

 ここの銘木屋さんは、工務店さんと同様に八百津の山頂付近にあり、前回
の「牛山の小さな家」の時にもお世話になりました。

 大変良質な木材を、かなりお値打ちに卸して頂いています。



 可能な限り現地に足を運び、自分の目で実際の木材を観て、納得のいく材
料で家づくりをする、というのが私の家づくりの基本スタンスなので、今回
も現地で銘木屋さんと話しをしながら、じっくり選ばせて頂きました。

 玄関廻りの「敷台」と「上り框」は、国産の「桜」の無垢材を使うことになり
ました。



 むくり屋根の家の、桜の一枚板を使用した玄関廻りを想像(妄想?)する
だけで、なんだか楽しい気分になりました。(笑)


ラベル:一枚板 銘木
posted by てくてく at 19:10| 愛知 ☀| Comment(0) | 家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

建築探訪60(善照寺本堂/白井晟一)



永井政光建築設計事務所HPはこちら!



[今日の一枚]


善照寺本堂 2009_02_28.jpg


IMG_1625.jpg



 今日の1枚は、 建築家 白井晟一の設計した 善照寺本堂 です。

 白井晟一さんの建築は、建築探訪15の芹沢_介美術館に続き2度目の登場となり
ますので、私が考える白井さんの建築の特徴は建築探訪15をご覧下さい。

 この善照寺本堂についての印象ですが、やはり何と言っても左右対称シンメトリ
ーで均整のとれたプロポーションと、和風建築、特にお寺の形状をベースにしなが
らも、どこかモダンで存在感のある佇まいです。

 特に白井さんの建築らしいのは階段部分だと思います。

 階段の小口(側面)部分を荒々しい割り肌にして、御影石の「石」としての存在
感があります。

 また、全体の印象も、日本建築がベースにあり、モダンでもあるとも思いますが、
どこの国の建築か分からないような未知な感じ、不思議な雰囲気も醸し出している
と思います。別の言い方をすれば白井さんのオリジナリティということでしょうか。

 その建築家らしさ、その建築家だからこそにじみ出てくる建築の雰囲気があるこ
とが、建築家として生きていく上で大切なことなのではないかと思います。



場所  :東京都台東区西浅草1-4-15
作品名 :善照寺本堂
撮影日 :2009.2.28



永井政光建築設計事務所HPはこちら!


posted by てくてく at 16:32| 愛知 ☀| Comment(0) | 建築探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP  ← 公式HPに移動します。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■