■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP  ← こちら
永井政光建築設計事務所 公式YouTube  ← こちら


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■






2012年04月24日

建築探訪69(とあるローマ建築のコリント式柱頭)



永井政光建築設計事務所HPはこちら!



[今日の一枚]


rome13.jpg



 今日の1枚は、とあるローマ建築の コリント式柱頭 です。

 柱頭というのは、柱とアーキトレーブ(梁のような横材)との継目の部分のこ
とをいいます。

 かの有名なパルテノン神殿にも、柱頭部分にアバクスと呼ばれるシンプルな方
形な緩衝部材をかましてあります。

 パルテノン神殿のようなシンプルな方形の柱頭をドリス式、梁部分に押しつぶ
されて、にゅるにゅるっと渦のようにまかれたデザインをされたのをイオニア式、
そして今回の写真のようなアカンサスの葉が彫られた複雑なデザインをされたコ
リント式(今回の写真には一部イオニア式っぽいものもついていますが。)と大
きく3つの様式に分けられます。

 元々はパルテノン神殿のようなシンプルなドリス式の柱頭だったのが、時代を
経るごとにどんどん複雑になっていっているようです。



 一般的に、キリスト教やロシア正教、仏教を初めとする宗教建築や、日光東照
宮や、はたまたギブソンのハミングバードなどの高級ギターなど、ぱっと思いつ
くだけでも濃密にデザインされたものは世界中にいろいろあります。

 人は、何か特別大切なものや、権威を示すべきもの、その他、何か強い思いい
れのようなエネルギーを物に注ぐ時に、より濃密、より手の込んだものにしたく
なる傾向があるように思います。

 これは世界共通の現象で、皇室関係の小物の展示などをみてもそうで、したが
って日本も例外ではないようです。

 ただ、その巨大なパワーのようなものを濃密で手の込んだデザインにするので
はなく、あえてシンプルなままでデザインを洗練、昇華させた建築には、なにか
得体の知れない求心力があるように感じます。

 その具体例の一つが、今日に至るまでの西洋建築の原点ともいえる、上記のパ
ルテノン神殿であり、日本で言えば、伊勢神宮の内宮正殿だと私は思います。

 いろいろな強い思い、多くの思いを物に表現しようとすると、どんどん複雑に
なっていくわけですが、それをさらに進めて、よりシンプル、簡素なものへと再
構築していくことが、すぐれたデザインの共通点かもしれません。(シンプル、
簡素にしなければ優れていないというわけではないと思いますが。)

 そういったまとめ上げるデザインのプロの一人が、日本人に馴染みのある方で
は佐藤可士和さんだといえるのではないでしょうか。

 デザインの難しさ、奥深さを、痛感します。


場所  :イタリア ローマ
撮影日時:2003.3.14



永井政光建築設計事務所HPはこちら!


posted by てくてく at 02:30| 愛知 ☀| Comment(0) | 建築探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP  ← こちら
永井政光建築設計事務所 公式YouTube  ← こちら


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■