■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP  ← 公式HPに移動します。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■






2012年06月12日

「星空の見えるお風呂の家」の建前1日目。

IMG_2100.jpg


IMG_2094.jpg


IMG_2099.jpg


IMG_2130-1.jpg




「星空の見えるお風呂の家」の建前1日目。


 今日は、「星空の見えるお風呂の家」の建前の1日目です。

 早朝にお施主様に来て頂き、地鎮祭のときにお供えしたお酒と塩を、棟梁と一緒
にまいて頂いてから、いよいよ建前スタートです。

 お施主様が、どっさりと積まれた膨大な木材の山を見て、「2棟分あるんじゃな
いの?」と言われていました(笑)。
 これだけふんだんに国産の木を使うのは今どき珍しいと思いますが、これは私た
ちのこだわりのスタイルの一つでもあります。



 お蔭様で、小雨の中、無事建前の初日を終了することができました。

 お施主様、工事して頂いた10名の大工さんたち、見学に来て頂いた全ての方々、
ありがとうございます。

 ※小雨の中、木材が傷まないかなど心配の方が見えるかもしれませんが、無垢の
  木はかなり水に強いので全く問題ありません。また、上棟後に木のクリーニン
  グのプロに、綺麗にして頂く事になっています。


 明日の上棟が楽しみです(笑)。


posted by てくてく at 19:55| 愛知 ☔| Comment(0) | 家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月06日

「星空の見えるお風呂の家」の手刻みの丸太梁。

__.JPG





「星空の見えるお風呂の家」の手刻みの丸太梁。


 「星空の見えるお風呂の家」の棟梁から、新着画像を頂きました。

 この写真は、「星空の見えるお風呂の家」の手刻みの丸太梁の写真です。

 「星空の見えるお風呂の家」の棟梁が、昔ながらの墨壷やノミや鉋を使って手刻みで
刻みました。いつも私の設計した家は、丸太梁を屋根裏に隠すのではなく、あえて部屋
から見える位置に配置しています。


 すでに梱包済で、中身は建前当日までのお楽しみです(笑)。


posted by てくてく at 15:15| 愛知 ☀| Comment(0) | 家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月04日

「むくり屋根の家」の完成まであと少し!!(愛知県小牧市)

IMG_1952.jpg


IMG_1974.jpg


IMG_1996.jpg


IMG_2008-1.jpg


IMG_1992.jpg



[むくり屋根の家]


 「むくり屋根の家」の竣工がいよいよ近づいてきました。

 今日、撮ったばかりの写真をUPさせて頂きます。

 竣工が待ちどうしい〜〜(笑)。


posted by てくてく at 19:23| 愛知 ☁| Comment(0) | 家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月01日

建築探訪84(テート・モダン/ヘルツォーク&ド・ムーロン)



永井政光建築設計事務所HPはこちら!



[今日の一枚]

DSCF0970.jpg


PA140075.jpg


DSCF0993.jpg


DSCF0999.jpg


PA140080.jpg


DSCF1004.jpg


DSCF1002.jpg


DSCF1006.jpg


DSCF1012.jpg


DSCF1013.jpg


DSCF1015.jpg


DSCF1020.jpg


DSCF1022.jpg


DSCF1024.jpg


DSCF1021.jpg


DSCF1023.jpg


DSCF1025.jpg


DSCF1016.jpg


DSCF1018.jpg


PA140083.jpg




 今日の一枚は、世界中で活躍している建築家コンビ、ヘルツォーク&ド・ム
ーロンが設計した テート・モダン という、イギリスの近代美術館です。

 ヘルツォーク&ド・ムーロンはスイス出身で、ジャック・ヘルツォークとピ
エール・ド・ムーロンの2人による建築家ユニットです。

 2001年にはプリツカー賞を、2007年には世界文化賞建築部門を受賞するな
ど世界的な建築コンペの常連で、「鳥の巣」で有名な北京オリンピックのメイ
ンスタジアムや、東京の青山にある、サントリー角というウィスキーのガラス
瓶のような印象的な外観を持つプラダ・ブティック青山店も彼らの設計です。

 ヘルツォーク&ド・ムーロンの建築はスカッとシンプルでクリエイティブで、
彫刻的な造形美が、何と言っても魅力的です。



 さて、今回のテート・モダンですが、これは以前ご紹介した建築家ノーマンフ
ォスターが設計したミレニアムブリッジに隣接した建築です。

 元々は発電所だったのですが、1981年に閉鎖され廃墟となっていた建築を
再生させるために、安藤忠雄をはじめ世界的な建築家による設計コンペが開催さ
れ、ヘルツォーク&ド・ムーロンが勝ち取りました。

 実際に観て感じたのは、何と言っても煉瓦で造られた元の発電所の外観を最大
限活かしながら、屋上部分にシンプルなガラスを追加しただけで、ここまでカッ
コよくできた発想力、デザインセンスです。廃墟だったとは想像しがたいくらい、
元の煉瓦建築が本当に活かされていて、見事としか言いようがありません。

 最小限の追加(変化)で、最大限の効果を得る、アイデアというか、才能とい
うか、いやぁ、素晴しい!

 開館は今から12年前ですが、当時は世界最先端とも言えるモダン建築だった
テート・モダンに、約6年前に訪れた私は感動して、思わず数多くのシャッター
を押してしまいました。

 せっかく沢山写真を撮ったので、抜粋で20枚UPさせて頂きました。この建
築の魅力の一端を、ご堪能下さい(笑)。



場所  :Tate Modern Bankside London SE1 9TG United Kingdom
作品名 :テート・モダン(2000年開館)
建築家 :ヘルツォーク&ド・ムーロン


posted by てくてく at 23:45| 愛知 ☁| Comment(0) | 建築探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP  ← 公式HPに移動します。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■