■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP  ← 公式HPに移動します。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■






2013年12月13日

「八百津の二世帯住宅」建前初日

IMG_6350.jpg


IMG_6347.jpg


IMG_6341.jpg


IMG_6349.jpg



 今日は、「八百津の二世帯の家」の建前初日でした。

 東方向への抜群の眺望と、南側の採光、親世帯と子世帯
のゾーニングを配慮し、L字に折れ曲がったプランニング
になっているのですが、実際以上に家が大きくみえ、外観
的にも感じの良い家に出来上がってきました。

 四時頃には綺麗な虹が出て、何ともハッピーな気分にな
りました。大工さんたちのお陰で建前も順調に進み、出来
上がっていく家をみて、改めて自分の目指している家やそ
の方向性に自信と確信が持てた一日でした。

 少しでもお施主様に喜んで頂けるように引き続き努めて
いきます。


posted by てくてく at 00:53| 愛知 ☀| Comment(0) | 家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月08日

「限りなく少なく」豊かに生きる

 今日、お施主様から、『「限りなく少なく」豊かに生きる』
という本をプレゼントして頂きました。

 まるで永井さんのことを書いているような本だから是非読ん
で欲しいと言って頂きました。正直、僕に欠けていることも色
々ありそうですが、共感できる内容ばかりで、そう言って頂い
てとても嬉しく思います。

 その本の帯には、
■ 何が大切かを見直すと、人生を満喫できる。
■ ほんの少しのセンスで「時間」を豊かに使う。
■ 品性を養う「お金」の使い方。
■ 「言葉」を減らせば、絆は深まる。
■ 「人間関係」を少なく、ゆるやかに。
■ 「感情」の浮き沈みからの開放。
と書かれています。

 何か、物質社会から精神社会へと転換するため、また、個々
人の精神や心、暮らしをより豊かにするために大切な事が書か
れているような気がします。読むのが楽しみです。(笑)

<参考>
「限りなく少なく」豊かに生きる
著者:ドミニック・ローホー
訳:原秋子
出版社:講談社
posted by てくてく at 15:36| 愛知 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「今泉の平屋の家」速報。

IMG_6320.jpg
■ 施工終盤戦の「今泉の平屋の家」のリビング空間。




 今朝、「今泉の平屋の家」の庭の打ち合わせに行ってき
ました。いよいよ工事も終盤戦です。

 シンプルでコンパクトな平屋で、リビング空間は開放感
があって、気持ちいい感じに仕上がってきました。

 庭のお施主様のご要望もいろいろお伺いして、大まかな
方針も決まってきました。約二週間後に、作庭家の方と一
緒に、具体的な庭のプラン提案をさせて頂く予定です。

 庭が出来たら、ぐっと家が引き立ちそうで、完成がとて
も楽しみです。


 ちなみに、来年1月半ば頃に「今泉の平屋の家」の完成
内覧会をさせて頂く予定になっています。また近づいてき
ましたらHPやブログなどで詳細のご案内をさせて頂きま
す。
 ご興味のおありの方は、お気軽にお越し下さい。


posted by てくてく at 15:19| 愛知 ☀| Comment(0) | 家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月03日

GUILD(ギルド)D55

 僕は、大学時代から趣味でギター(アコギ)をやって
います。この世にウィスキーとギターがあって本当に良
かったなぁと思えるくらいギターも好きです。(上手い
わけではありませんが。)
 大学時代の大須のコメ兵のアコギはどれも弾き放題で、
高級ギターの音色も楽しんだりしていました。そんなな
か、これはいい音だなぁ♪と酔いしれたのが、ギブソン
でもマーチンでもなく、ギルドというメーカーのD55
というモデルでした。(低音に迫力があり、音がよく鳴
るだけでなく、高音も実に美しい音色なのです。)

 井上陽水も、デビュー当時ギルドのD55を愛用して
いたということを知って、余計に惹かれました。それで
、社会人になってから東京の神田まで、親友とギルドの
D55を買うためだけにはるばる行きました。中古にも
かかわらず結構いい値段がしましたが、一生のお付き合
いと思い、えいやぁで購入しました。(ちなみに僕のギ
ターは、僕のいっこ上の先輩です。)

 それから十数年、そのギターとは本当に色々とお付き
合い頂き、かけがえの無いパートナーとなっております
。(少し大げさかな?)

 こんなブログをUPしたのは、偶然CHAGE&ASKAのデ
ビュー時代の飛鳥のギターがギルドのD55を使用して
いたのを今日拝見したからです。

 色々と騒がれている飛鳥ですが、CHAGE&ASKAの音楽
の質というか、本気度、パワーみたいなものは、何が有
ろうと全く色あせることが無いと思えてしまいます。(
特別、CHAGE&ASKAのファンというわけではないのです
が。)

 なんか、人生色々、しみじみ考えこんでしまいます。
posted by てくてく at 22:33| 愛知 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP  ← 公式HPに移動します。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■