■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP はこちら♪ (^o^)/


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■







2014年06月15日

講習会「漆喰をかがくする」

 先日、「漆喰をかがくする」という講習会に参加させて
頂きました。僕の設計する家は漆喰を多用していることも
あり、あらためて漆喰が素晴らしい材料である、というこ
とが客観的に再認識できてとても有益な講習会でした。
 講師は、漆喰の普及に情熱を燃やす左官業の4代目の福
田正伸(漆喰九一)さん。下記は、特に僕にとって印象深
かった事項です。

<漆喰は火災に強い>
 実際にバーナーで漆喰壁を燃やそうとする動画を見せて
頂きました。建築基準法で不燃材料に指定されているのは
当然知っていたのですが、映像として動画で見させて頂い
て、いかに火に強いのか、燃えないのかが皮膚感覚で理解
できたように思います。

<火災の際に有毒ガスを発生しない>
 建物火災での死因のトップは火傷ではなく、一酸化炭素
中毒又は窒息で、その根本原因である有毒ガスの発生元は
、ビニールクロスやそれを貼ったり新建材などによく使わ
れる接着剤が燃えることによることが多いそうです。(い
わゆるジョリパット系の塗材はもちろんのこと、自然素材
と言われている珪藻土にも接着剤は入っています。)よく
使われる建築材料のうちで、火災においても全く有害物質
を発生しない数少ない材料の一つが漆喰です。そういう意
味においては、漆喰は、命を守る材料と言っても過言では
なさそうです。万が一、漆喰壁とクロスを併用している家
にお住まいの家が火災にあった場合は、なるべく漆喰の部
屋を通りながら外に出られた方がよさそうです。

<においが付きにくい>
 においの原因の多くは油の酸化によるもので、そういっ
た油は、一般的は壁などには『面』にベチャッとつくそう
ですが、漆喰は静電気を帯びないことにより、『点』とし
てしか油がつかず、それによってにおいがかなりつきにく
いそうです。実際に、竣工後何年も経過した漆喰の家にお
邪魔しても、本当に、どの家も空気が綺麗な印象がありま
す。(漆喰壁だからこそ、何年経っても木の香りがしてい
るのかもしれません。)
 漆喰は消臭効果もあります。講習会の会場で、スルメを
いれたタッパーを2種類まわして頂いたのですが、1つは
タッパーにスルメのみ、もう一つはタッパーの内側に漆喰
を塗った上にスルメが入っていました。実際に匂いを嗅ぎ
比べると、明らかに漆喰が塗ってある方が匂いがマイルド
で優しい感じでした。


 その他にも、漆喰は本当に固まるまでは1〜1年半かか
ることや、イタリアのアルベロベッロの漆喰壁の街並みの
話し、福田さんの失敗談やこれからの漆喰についてなど、
中身の濃いお話しでした。

 本当に貴重なお話しを聞かせて頂き、ありがとうござい
ました。


posted by てくてく at 10:34| 愛知 | Comment(0) | 家の勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP はこちら♪ (^o^)/


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■











■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


おすすめの「あずま袋」屋さん
麻縫製工房 公式shop はこちら♪ (^o^)/



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■









人気ブログランキングへ ← 押すと「今日のてくてく」の順位がわかります。