■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP  ← 公式HPに移動します。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■






2015年02月18日

ねむの木学園の見学

IMG_4665.jpg



IMG_4664.jpg



IMG_4662.jpg



IMG_4658.jpg



IMG_4653.jpg



IMG_4669.jpg

坂茂さん設計/ねむの木こども美術館「ねむの木緑の中」



IMG_4670.jpg



IMG_4672.jpg

藤森照信さん設計/ねむの木こども美術館「どんぐり」



IMG_4677.jpg



IMG_4680.jpg



IMG_4688.JPG

谷口吉生さん設計/資生堂アートハウス




 昨日、ねむの木学園の見学をさせて頂くために静岡県
掛川市まで行ってきました。(この見学は、今計画中の
建物の参考のために訪れました。ねむの木学園について
の説明や建物の感想などは、あまりにも多すぎるので省
かせて頂きます。)

 大変いい勉強をさせて頂きました。設計をする上で大
変生きてくると思います。

 帰りに、同じく掛川市にある資生堂アートハウスを訪
れました。特に中の段差の活かし方がドラマチックで素
晴らしかったです。設計は建築家の谷口吉生さんです。
やっぱり上手だなぁ♪



posted by てくてく at 00:39| 愛知 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「Cafe Style(カフェスタイル)の町家の家」建前の日程

 「Cafe Style(カフェスタイル)の町家の家(豊山町)」
の建前を、2月23日(月)、24日(火)に行う予定
です。(天気都合で数日ずれる可能性もあります。)

 今回は、本格町家といえる家となります。プロポーシ
ョンもなかなか美しい家になりそうで、今から胸が高鳴
ります♪
 



永井政光建築設計事務所HPはこちら!



posted by てくてく at 00:07| 愛知 ☁| Comment(0) | 家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月17日

お風呂とラベンダー

 最近のマイブームは、お風呂の入り方についてです。

 まず、照明と換気扇を全て切ります。(洗面室の照明
も切ります。)したがって暗いです。(当たり前ですが
。)そして、お湯の張られた浴槽に、ラベンダーの精油
を一滴たらします。

 小さな小窓からの薄明かりのみの薄暗い空間と、ラベ
ンダーの香りとの相乗効果でとてもリラックスできて快
適です。どことなく露天風呂のような雰囲気にも思えま
す。

 気になった方は、どうぞお試しあれ。


posted by てくてく at 23:56| 愛知 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月08日

祝7周年(8年目)

 2月8日は、永井政光建築設計事務所の開業記念日で
す。早いもので7周年となり、8年目に突入です。

 今までの開業記念日は、意識はしていたもののあっと
いう間に過ぎ去っていく、というたぐいの日でした。
ところが今年は、徐々にではありますが、多少なりとも
余裕が出てきたからなのか、なんだかしみじみと、あぁ
、これまで色々なことがあったなぁ、よく台風や荒波に
も吹き飛ばされずに存続できたなぁ、よく最初の1棟か
ら軸がぶれることなくやってこられたなぁなど、様々な
ことをあれこれ回想をしてしまいます。

 ほんとに今まで存続できたのは、まわりの皆様のおか
げだと改めて感じます。特に、無名で実績の乏しい私を
信頼し、設計依頼をして頂いたお施主様のお一人お一人
に対しては、感謝という一言では言い表せないほどの気
持が湧いてきます。

 今年からは、もっともっと、お施主様に喜ばれるステ
キな家づくりができるような体制を整えるべく、一つ一
つ、冷静に、着々とやるべきことを実行していきたいと
思います。そして、やがては木を活かしたナチュラルな
家が好きな層から『強く憧れられる』ような設計事務所
になるのが今の夢です。

 今後とも、引き続きどうぞよろしくお願い致します。
 





永井政光建築設計事務所HPはこちら!



posted by てくてく at 10:03| 愛知 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP  ← 公式HPに移動します。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■