■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP  ← 公式HPに移動します。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■






2019年11月23日

リビングでのとある日常風景

IMG_8382-r.jpg




 牛山の小さな家の、リビングでのとある日常風景の一コマです。時々昔の写真を見返すのですが、懐かしくもあり微笑ましくもある写真が出てきましたのでUPさせて頂きます。年々、木が飴色に変化していくと同時に、その家で暮らす家族も成長していくのですね。デザインしすぎない、品のあるデザインを心がけつつ、暮らしに寄り添うやさしい家にしていきたいと思います。


永井政光建築設計事務所 公式HP → https://www.nagai-architects.net/




posted by てくてく at 23:30| 愛知 ☁| Comment(0) | 家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GOOUT CAMPふもとっぱら2019

IMG_8011-1.jpg




IMG_8017.jpg




 少し前の話しではありますが、先々月の9月28日、29日に、「GOOUT CAMPふもとっぱら」という富士山の麓で開催されたキャンプと野外音楽フェスが一体となったイベントに参加してきました。私は今までキャンプとは無縁の人生を送ってきましたが、初のプライベートでのお泊りキャンプを体験してきました。テントやタープなどのキャンプグッズも一式揃え、雄大な富士を眺めながら、そして、ビールやワインを愉しみながら、非日常の自然との共生的な?いい時間を過ごすことが出来ました。

 ゆったりとした時間が流れる中、縄文時代の暮らしぶりが感じられたような気がしました。テントって竪穴式住居のようだなぁ、などと思ったり、タープ(日差し・雨を防ぐための広い布の屋根)は伊勢神宮と同じ棟持ち柱の構造で、屋根の建築を設営(建築)する上では大変合理的なんだなぁなどと身をもって体感でき、若干建築マニア的な視点であれこれ妄想したりもしました。

 むかしむかし、古墳時代よりも更に昔に、富士の麓(富士宮市あたりでしょうか?)に王朝があったという言い伝えや古文書があるそうです。そんなロマンに思いを馳せつつ、一日本人として富士の麓で過ごす時間というのは、理屈抜きで何とも魅力的なものだと思いました。


永井政光建築設計事務所 公式HP → https://www.nagai-architects.net/




posted by てくてく at 00:36| 愛知 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP  ← 公式HPに移動します。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■