■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP  ← こちら
永井政光建築設計事務所 公式YouTube  ← こちら


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■






2011年12月12日

建築探訪31(塔の家/東孝光)



永井政光建築設計事務所HPはこちら!



[今日の一枚]


DSCF0512.jpg


DSCF0511.jpg


DSCF0514.jpg


DSCF0513.jpg


DSCF0515.jpg



 今日の一枚は、建築家 東孝光さんが設計した 塔の家 です。

 この家は、建築家 東孝光さんの自邸で、ずっと住まわれているそうで、建物が竣工して40年以上が経っていますが、今見ても斬新で刺激的に感じます。

 当時まだ駆け出しの建築家だった東さんが、都心の一等地に家を持つためにはどうしたらよいのか、おそらく試行錯誤の上でつくり上げたのだと思います。そのバイタリティというか、チャレンジ精神のようなものに、強く感銘を受けます。

 この塔の家は、東さんの出世作で、狭小住宅として最も有名な作品といわれています。都心のわずか6坪弱(20m2=平方メートル)という狭い敷地に、地上5階・地下1階を搭状に建てた鉄筋コンクリート構造です。

 玄関を除けば、トイレも浴室も含め扉が一切なく、間仕切りもありません。吹き抜けで開放的な空間設計が、狭さを感じさない工夫がされています。

 東京の都心の、幹線道路沿いのビルが並ぶ中で、ポツンと経っている「塔の家」を実際に観て、写真で観る以上の小ささに、一番驚きました。



場所  :東京都渋谷区神宮前3丁目
作品名 :塔の家(1966年(昭和41年)竣工)
建築家 :東孝光
撮影日 :2006.1.2



永井政光建築設計事務所HPはこちら!


posted by てくてく at 08:51| 愛知 ☀| Comment(0) | 建築探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP  ← こちら
永井政光建築設計事務所 公式YouTube  ← こちら


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■