■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP  ← こちら
永井政光建築設計事務所 公式YouTube  ← こちら


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■






2011年12月15日

建築探訪34(ヘルシンキ現代美術館(キアズマ)/スティーヴン・ホール)



永井政光建築設計事務所HPはこちら!



[今日の一枚]


CIMG0400.jpg


CIMG0401.jpg


IMG_3950.jpg


IMG_3951.jpg




 今日の一枚は、建築家 スティーヴン・ホールが設計した ヘルシンキ現代美術館(キアズマ) です。

 この建物を設計した建築家 スティーヴン・ホールはアメリカ人で、このヘルシンキ現代美術館(キアズマ)は彼の代表作といわれています。

 この美術館は、フィンランドのヘルシンキ中心部の中央駅のすぐそばという立地で、現代美術館にふさわしい、都会的でモダンな外観で、かっこよかったです。

 奇抜な感じはなく、メタリックな質感や、緩やかな曲線を生かして、とても個性的で美しい佇まいをしています。

 また、1階のエントランス廻りが特に印象的で、エッジの効いた、造形的でクールな感じで、内観もかっこよかったです。

 この美術館は、平面的にも緩やかにカーブしているなど、そんなに単純な形状ではないのですが、平面計画や断面計画がとても上手に納まっており、まるで一つの生き物のような感じさえしました。大学時代のゼミの先生で、建築家でもある渡辺純先生は、そういうときに、たしか、「はまりにはまった」という表現をされていたと記憶しています。

 何もない状態である、0から設計するというのは結構大変なことなのですが、パズルが解けたときのように、「はまりにはまった」と思える瞬間は、何ともいえない爽快な気分になります。設計をする人間にとっての至福の瞬間でもあります。



場所  :Mannerheiminaukio 2., Helsinki
作品名 :ヘルシンキ現代美術館(キアズマ)(1998年竣工)
建築家 :スティーヴン・ホール
撮影日 :2011.4.17



永井政光建築設計事務所HPはこちら!


posted by てくてく at 01:23| 愛知 ☀| Comment(0) | 建築探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP  ← こちら
永井政光建築設計事務所 公式YouTube  ← こちら


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■