■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP はこちら! (^o^)/


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■







2012年05月08日

建築探訪74(軽井沢千住博美術館/西沢立衛)



永井政光建築設計事務所HPはこちら!



[今日の一枚]


IMG_1715.jpg


IMG_1722.jpg


IMG_1723.jpg


IMG_1716.jpg


IMG_1720.jpg


IMG_1725.jpg


IMG_1727.jpg


IMG_1714.jpg




 今日の1枚は、建築家 西沢立衛さんの設計した 軽井沢千住博美術館
です。

 建築家の西沢立衛さんは、1966年生まれの若手建築家で、プリツカー
賞や日本建築学会賞など多くの受賞暦があると共に、現在、世界を股にかけ
て活躍されています。元々は建築家である妹島和世さんとのユニットSAN
AAで活動されており、その後、西沢さん単独の設計事務所でも今回のよう
に設計活動をされています。ちなみに、建築家 西沢大良さんは実兄だそう
です。

 西沢さんの作風は、新建築などの建築雑誌を賑わしている主流派ともいえ
ると思いますが、菊竹清訓→伊東豊雄→妹島和世・西沢立衛と流れる系図は、
近代建築の建築史的な視点で見ても面白いと思います。

 また、近年では、安藤忠雄さんや谷口吉生さんを初め、上記の主流派の方々
の世界的な建築設計における活躍は目を見張るものがあり、イチローがメジ
ャーリーグで活躍するように、彼らの活躍は同じ日本人として大変嬉しく思
います。



 さて、今回の軽井沢千住博美術館ですが、明るくて軽くて、白くて、床面
や壁面、天井面に生き物のような有機的な曲線が多用してあって、まるで建
物の存在感を打ち消すかのような透明感は、西沢さんらしい建築だなぁと思
いました。

 特に印象的なのは、切符売り場の小狭い空間から、建物内に入ったときの
明るくて、とても開放的な空間とのギャップです。建築家のよくやる手法と
はいえ、今回はよりインパクトがあり、大変良かったです。

 建築には無限の可能性があります。他の芸術分野より、制約条件は遥かに
多く、新しいクリエイティブな建築を具現化するのは大変な時間と労力と発
想力が必要ですが、それでも果敢に挑戦し続ける建築家の作品を観ると、何
かエネルギーを頂いたような気がします。

 私も、日本にとって有益な、新しい建築を目指していきたいと思います。



場所  :長野県軽井沢町長倉塩沢815
作品名 :軽井沢千住博美術館(2011年竣工)
建築家 :西沢立衛



永井政光建築設計事務所HPはこちら!


posted by てくてく at 14:49| 愛知 ☁| Comment(0) | 建築探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:






■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP はこちら♪ (^o^)/


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■











■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


おすすめの「あずま袋」屋さん
麻縫製工房 公式shop はこちら♪ (^o^)/



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■









人気ブログランキングへ ← 押すと「今日のてくてく」の順位がわかります。