■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP はこちら! (^o^)/


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■







2012年05月10日

建築探訪75(聖パウロカトリック教会/アントニン・レーモンド)



永井政光建築設計事務所HPはこちら!



[今日の一枚]


IMG_1673.jpg


IMG_1684-1.jpg


IMG_1679.jpg


IMG_1689.jpg


IMG_1687.jpg


IMG_1680.jpg


IMG_1690.jpg


IMG_1675.jpg


IMG_1677.jpg


IMG_1693.jpg


IMG_1697.jpg




 今日の1枚は、建築家 アントニン・レーモンドの設計した 聖パウロカトリック
教会
です。

 アントニン・レーモンドは米国建築学会賞を受賞された建築家で、建築家
の巨匠フランク・ロイド・ライトの元で学び、帝国ホテル建設の際に来日し
ます。その後日本に留まり、モダニズム建築の作品を多く残しています。

 また、この間ご紹介した吉村順三さんや前川國男さんは、レーモンドの事務
所で学ばれており、後に吉村さんや前川さんは、レーモンド建築の良さを生か
した建築を手がけられています。

 

 さて、今回ご紹介させて頂く聖パウロカトリック教会は、「風立ちぬ」(堀
辰雄)、「掌の小説」(川端康成)にも登場したり、ここで結婚式をあげるカ
ップルも多く、西郷輝彦と辺見マリ、吉田拓郎らもここで挙式されたそうです。



 建築的に最も特筆すべきは、構造と意匠の一体化、シンプルで美しい、理に
適った構造デザインだと思います。

 チョウナで削ったような、荒々しいほどに、木の質感のむき出しの構造体を
整然と配置して、粗野な感じというよりは、温かみのある包まれた感じがしまし
た。

 何度も書いているかもしれませんが、本当に名建築に割りと共通していると
思うのは、コンパクトでシンプルに作られているということです。この建築も
本当に小さな教会でした。民間のディベロッパーや公共の組織が、利益を追求
する形で主導すると、必要以上に大きくて、よりローコストで、どちらかといえ
ばこれ見よがしな建築になりがちなようです。

 一流の建築家の作品を見れば見るほど、より良い、より豊かな人生の舞台を
生み出すためには、実力のある建築家が社会的に必要性だということを、強く
思います。




場所  :長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢179
作品名 :聖パウロカトリック教会(1935年竣工)
建築家 :アントニン・レーモンド



永井政光建築設計事務所HPはこちら!


posted by てくてく at 13:02| 愛知 🌁| Comment(0) | 建築探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:






■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP はこちら♪ (^o^)/


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■











■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


おすすめの「あずま袋」屋さん
麻縫製工房 公式shop はこちら♪ (^o^)/



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■









人気ブログランキングへ ← 押すと「今日のてくてく」の順位がわかります。