■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP はこちら! (^o^)/


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■







2012年05月17日

建築探訪79(香川県立東山魁夷せとうち美術館/谷口吉生)



永井政光建築設計事務所HPはこちら!



[今日の一枚]

CIMG0523-2.jpg


CIMG0524-1.jpg


CIMG0526.jpg


CIMG0529.jpg



 今日の1枚は、建築家 谷口吉生さんの設計した 香川県立東山魁夷せ
とうち美術館
です。

 この建築は名前の通り、日本を代表する画家である東山魁夷さんの絵画の
みを展示した、こじんまりとした美術館です。すぐ間近には、巨大な瀬戸大
橋が架かっています。

 谷口さんといえば、以前ご紹介した豊田市美術館などを手がけられている
建築家ですが、これくらい小さな美術館であっても、やはり谷口さんらしい
シンプルでクールな建築でした。



 さて、今回注目したい視点は、建築の外観と外構の一体化、渾然一体となっ
た外構デザインです。

 私は、建築と外構、植栽は切っても切れない関係にあると思っています。
美的なデザインもそうですし、例えばアプローチの役割自体も大切です。
敷地内に入り、建物の入口に向かうまでのアプローチで、美しい建築を色々
な角度で建築を眺めてもらうための動線をつくったり、アプローチを歩きな
がら中に入るまでの過程(間・ま)の中で、いよいよ目的である建物内に入
るんだ、展示物が観れるんだといった、ワクワク感、高揚感を演出すること
も可能です。

 今回ご紹介した谷口吉生さんは、そういった外構計画も、いつも上手に設
計されている建築家です。今回の香川県立東山魁夷せとうち美術館も、谷口
さんがどういう意図で外構を設計・デザインされたのか、自分なりに思索し
ながら、興味深く観させて頂きました。



場所  :香川県坂出市沙弥島字南通224番地13
作品名 :香川県立東山魁夷せとうち美術館(2005年)
建築家 :谷口吉生



永井政光建築設計事務所HPはこちら!


posted by てくてく at 16:54| 愛知 ☁| Comment(0) | 建築探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:






■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP はこちら♪ (^o^)/


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■











■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


おすすめの「あずま袋」屋さん
麻縫製工房 公式shop はこちら♪ (^o^)/



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■









人気ブログランキングへ ← 押すと「今日のてくてく」の順位がわかります。