■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP はこちら! (^o^)/


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■







2012年06月01日

建築探訪84(テート・モダン/ヘルツォーク&ド・ムーロン)



永井政光建築設計事務所HPはこちら!



[今日の一枚]

DSCF0970.jpg


PA140075.jpg


DSCF0993.jpg


DSCF0999.jpg


PA140080.jpg


DSCF1004.jpg


DSCF1002.jpg


DSCF1006.jpg


DSCF1012.jpg


DSCF1013.jpg


DSCF1015.jpg


DSCF1020.jpg


DSCF1022.jpg


DSCF1024.jpg


DSCF1021.jpg


DSCF1023.jpg


DSCF1025.jpg


DSCF1016.jpg


DSCF1018.jpg


PA140083.jpg




 今日の一枚は、世界中で活躍している建築家コンビ、ヘルツォーク&ド・ム
ーロンが設計した テート・モダン という、イギリスの近代美術館です。

 ヘルツォーク&ド・ムーロンはスイス出身で、ジャック・ヘルツォークとピ
エール・ド・ムーロンの2人による建築家ユニットです。

 2001年にはプリツカー賞を、2007年には世界文化賞建築部門を受賞するな
ど世界的な建築コンペの常連で、「鳥の巣」で有名な北京オリンピックのメイ
ンスタジアムや、東京の青山にある、サントリー角というウィスキーのガラス
瓶のような印象的な外観を持つプラダ・ブティック青山店も彼らの設計です。

 ヘルツォーク&ド・ムーロンの建築はスカッとシンプルでクリエイティブで、
彫刻的な造形美が、何と言っても魅力的です。



 さて、今回のテート・モダンですが、これは以前ご紹介した建築家ノーマンフ
ォスターが設計したミレニアムブリッジに隣接した建築です。

 元々は発電所だったのですが、1981年に閉鎖され廃墟となっていた建築を
再生させるために、安藤忠雄をはじめ世界的な建築家による設計コンペが開催さ
れ、ヘルツォーク&ド・ムーロンが勝ち取りました。

 実際に観て感じたのは、何と言っても煉瓦で造られた元の発電所の外観を最大
限活かしながら、屋上部分にシンプルなガラスを追加しただけで、ここまでカッ
コよくできた発想力、デザインセンスです。廃墟だったとは想像しがたいくらい、
元の煉瓦建築が本当に活かされていて、見事としか言いようがありません。

 最小限の追加(変化)で、最大限の効果を得る、アイデアというか、才能とい
うか、いやぁ、素晴しい!

 開館は今から12年前ですが、当時は世界最先端とも言えるモダン建築だった
テート・モダンに、約6年前に訪れた私は感動して、思わず数多くのシャッター
を押してしまいました。

 せっかく沢山写真を撮ったので、抜粋で20枚UPさせて頂きました。この建
築の魅力の一端を、ご堪能下さい(笑)。



場所  :Tate Modern Bankside London SE1 9TG United Kingdom
作品名 :テート・モダン(2000年開館)
建築家 :ヘルツォーク&ド・ムーロン


posted by てくてく at 23:45| 愛知 ☁| Comment(0) | 建築探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:






■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP はこちら♪ (^o^)/


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■











■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


おすすめの「あずま袋」屋さん
麻縫製工房 公式shop はこちら♪ (^o^)/



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■









人気ブログランキングへ ← 押すと「今日のてくてく」の順位がわかります。