■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP はこちら! (^o^)/


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■







2012年08月24日

建築探訪89(湘南台文化センター/長谷川逸子)



永井政光建築設計事務所HPはこちら!



[今日の一枚]

湘南台文化センター .jpg



 今日の一枚は、建築家 長谷川逸子さんが設計した、湘南台文化センターです。

 長谷川逸子さんはあの菊竹清訓事務所出身で、伊東豊雄さんとともに「野武士
」世代の代表格です。
 また、長谷川逸子さんは数少ない有名女性建築家のお一人で、他の有名女性建
築家といえば、妹島和世さんや、林雅子さん、若手では乾久美子さんや永山祐子
さんなどが特に有名です。

今回ご紹介する「湘南台文化センター」は、1986年に槇文彦・磯崎新の二大巨匠
が審査員を務めた公開コンペで、長谷川逸子さんが最優秀賞を受賞し、一躍注目
を浴びることになります。



 私がこの建築を気になっていた理由が2つあります。

 一つ目は、二大巨匠が評価したにもかかわらず、私自身はなぜ評価されたのか
が全く理解できず、自身の成長のためにもその理由が知りたいと思ったから。
 二つ目は、ワークショップを開き、市民との対話を活発に行うかたちで地域住
民を巻き込み、多くの時間や労力を費やしながら、合意形成を地道に行ないなが
ら設計を進める、というプロセスが共感できたからです。(この進め方は、雑誌
などのメディアから伝え聞くだけで、実際にどう進められたのかという詳細は分
かりませんが。)


 ということで、この湘南台文化センターを観るためだけに、数年前に神奈川県
藤沢市まで足をはこびました。
 率直な感想を言わせて頂ければ、実際にこの建築を観ても、建築自体の魅力は
私にはよく分かりませんでした。(何かあるはずだと、建物内外を歩きながら、
結構よく考えてみたのですが・・・)

 ただ、その設計プロセスに関しては、今の私の設計スタイルにいい影響を与え
て頂きました。(住宅ならまだしも、大きな公共建築で地域住民とワークショッ
プ形式で設計を進めるというのは、いろいろな住民がいるわけですし、想像した
だけでも桁違いに大変なやり方だと思います。)



 いい木材を使用したり丁寧で良心的な施工をするだけでなく、設計段階におい
てもしっかり時間と労力をかけて、お施主様や地域社会のことをよく考えて進め
ることが、スクラップ&ビルドから、ストック型の社会へと変わろうとしている
日本において大切なことなのではないか、など、湘南台文化センターを観て考え
させられました。
 
 

場所 :神奈川県藤沢市湘南台1丁目8番地
建築家:長谷川逸子



永井政光建築設計事務所HPはこちら!


posted by てくてく at 12:25| 愛知 ☀| Comment(0) | 建築探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:






■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP はこちら♪ (^o^)/


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■











■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


おすすめの「あずま袋」屋さん
麻縫製工房 公式shop はこちら♪ (^o^)/



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■









人気ブログランキングへ ← 押すと「今日のてくてく」の順位がわかります。