■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP はこちら! (^o^)/


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■







2016年09月26日

「追分町の切妻屋根の家(大府市)」地鎮祭

1301.jpg




先日、「追分町の切妻屋根の家(大府市)」の地鎮祭が
無事行われました。当日は雨降りだったので、テントの
中での式となりました。

地鎮祭は、日本古来からの神道形式で、神主さんによっ
て執り行われるのですが、改めて今回、地鎮祭について
あれこれ考えてみました。
神棚には、たくさんの海の幸、山の幸、野の幸が供えら
れます。それは太古の昔の日本人感の現れではないかと
思います。日本は古来から海に囲まれ、深い森や野原な
どの自然と共存して生きてきたからからこそ、四季折々
の海・山・野の豊かな食材に恵まれ、自然を征服すると
いうよりは、大自然の恵みに対して感謝と祈りの念を持
ち続け、大自然に対して謙虚さをもって共存してきた民
族だったのだと思います。

普段何気なく行われる儀式には、時代は変われど忘れて
はならない、先人たちの大切なメッセージや記憶がある
のではないでしょうか。

posted by てくてく at 19:55| 愛知 ☁| Comment(0) | 家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:






■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP はこちら♪ (^o^)/


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■











■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


おすすめの「あずま袋」屋さん
麻縫製工房 公式shop はこちら♪ (^o^)/



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■









人気ブログランキングへ ← 押すと「今日のてくてく」の順位がわかります。