■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP はこちら♪ (^o^)/


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■







2017年08月17日

建築探訪94(Number11/ジェフリー・バワ)

[今日の一枚]

01.jpg




02.jpg




03.jpg




04.jpg




05.jpg




06.jpg




07.jpg




08.jpg




09.jpg




010.jpg




011.jpg




012.jpg




013.jpg




014.jpg




015.jpg




016.jpg




017.jpg




018.jpg




019.jpg




020.jpg




021.jpg




022.jpg




023.jpg




024.jpg




025.jpg




026.jpg





 今回の写真は、先日研修旅行で訪れたスリランカの写真
"その2"で、スリランカが生んだ天才建築家ジェフリー・
バワが設計したNumber11です。(写真は全て私が
撮影したものです。残念ながら撮影不可の空間がいくつも
あり、その空間も非常に素晴らしかったです。ご興味のあ
る方は是非現地を訪れてみて下さい。)

 さて、Number11は、スリランカ最大の都市コロ
ンボの中心部にあり、前回の田園的なルヌガンガと対照的
に住宅密集地に建つ都会的な住宅です。広大な自然による
借景を活かすルヌガンガとは対照的に、坪庭がかなり細か
く要所要所に配置されており、緑や風、そして光が、家全
体に心地よく効果的に効いています。ルヌガンガ以上に白
色をふんだんに使った内観ですが、無機質さや単調さは感
じず、むしろ不思議なほど木の心地よさを感じました。ま
た、木だけでなく、石やテラコッタタイル、布など、自然
素材も白を基調としたからか余計に良さが活きていると感
じました。
 この建物は、スリランカで観たどの建物とも雰囲気や洗
練さなど、全くといっていいほど異なる質の高い空間であ
るのですが、なぜかスリランカ的なるものを感じました。
モダンな要素もふんだんにありますが、かといっていわゆ
るモダニズム建築とは明らかに異なります。バワの研ぎす
まされた芸術的感性とでもいったらいいのでしょうか。
空間のみならず、一つ一つのオブジェや調度品、置物など
も、どこでこんな質の高いものを見つけたのだろうと思え
るようなものが、宿泊客が簡単に触れられるところにふん
だんにあります。各部屋を丁寧かつ親切に案内してくださ
ったローハナさんによると、バワと親交のある芸術家たち
とコラボして創ったりもしていたそうです。まるで居心地
のよい美術館の中で宿泊したような気分です。

 今回のスリランカの旅行で、バワの手掛けた建築をルヌ
ガンガ、Number11、カフェ、寺院と4つ体験してき
ました。そんな中、新たな気づきや、悟りといったら大げ
さかもしれませんが、今後の設計活動をしていく上で大切
なことをいくつも得ることができたと思います。この旅行
で得たことを「日本的なるもの」として置き換えて、自分
なりに咀嚼して応用がきかせられたらと思っています。


posted by てくてく at 01:16| 愛知 ☁| Comment(0) | 建築探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:






■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP はこちら♪ (^o^)/


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■











■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


おすすめの「あずま袋」屋さん
麻縫製工房 公式shop はこちら♪ (^o^)/



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■









人気ブログランキングへ ← 押すと「今日のてくてく」の順位がわかります。