■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP はこちら! (^o^)/


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■







2019年10月11日

「(仮称)豊田市の終の棲家」竣工写真いろいろ

1.jpg
軒の出の深い、平屋の家です。





2.jpg
奥までスコンと抜けた玄関ホールです。
障子がちょっとしたアクセントになっています





3.jpg
土間と一体になったリビングダイニングです。





4.jpg
太い柱は大黒柱です。
無垢の東濃桧で、8寸角(24cm角)あります。





5.jpg
土間にある、レトロな白熱灯照明。





6.jpg
玄関にある、白熱灯の照明。





7.jpg
キッチンの水屋です。





8.jpg
キッチンです。





9.jpg
リビングにあるパソコンコーナーです。





10.jpg
ヤカンでお湯も沸かせる薪ストーブです





11.jpg
気持ちの良い洗面コーナーです。
敷地条件により隣地からの視線を気にする必要がないので、大きな窓を採用しました。





12.jpg
ホーロー浴槽のオリジナルの浴室です。





13.jpg
緑色の聚楽壁の伝統的な和室です。





14.jpg
玄関ホールから玄関を見ています。





15.jpg
玄関にある、少しかわいい無垢の木製手摺です。







先日、完成見学会のお知らせをさせて頂きました、「(仮称)豊田市の終の棲家」の写真をUPさせて頂きます。

あらためてこの家の中をゆっくり歩きつつ、色々考えに耽りました。この家は裏動線と表の動線が綺麗に分かれていて、奥様には特に使いやすく暮らしやすい間取りになっていると思います。特徴の一つである奥まで抜ける玄関ホールも奥様たっての夢で、色々制約があり叶えることが容易ではありませんでしたが、何とか実現できてよかったです。ここは見せ場ですので、私なりの小粋な和の一工夫もさせて頂きました。また、ご主人様の希望であった、気持ちよく風が流れる家にもなりました。撮影時も、どの部屋にいても気持ちよく風を感じることができました。

この家は写真で見ると大きな家に見えるかもしれませんが、実際の延床面積は27坪程度です。27坪の割りには、空間がダイナミックに繋がっているので圧迫感なく快適に暮らして頂けるのではないかと期待しています。

来週には、いよいよ物が搬入されるようです。晩年の終の棲家として、素敵な第二の人生をスタートして頂けたら幸いです。

※先日ご案内させて頂きました完成見学会ですが、台風により来場される方に万が一のことがあってはいけないので中止させて頂きます。

設計:永井政光建築設計事務所
施工:丸真ケンチク
撮影:永井 政光




posted by てくてく at 13:36| 愛知 ☁| Comment(0) | 家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月13日

「(仮称)豊田の家」あと少しで竣工です。

E6C3F008-7336-4325-A270-4D37943087C7.jpeg




豊田市で建設中の平屋の家も、いよいよあと少しで竣工です。

この家は、年配のご夫婦二人が住まれる「終の棲家」です。

僕はやっぱり軒の出の深い家が好きなんだなぁ、とじみじみ感じました。

室内空間もなかなか小粋な感じで仕上がっていますので、竣工しましたらまた写真をUPさせて頂きます。乞うご期待下さい。



posted by てくてく at 01:35| 愛知 ☁| Comment(0) | 家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月26日

「(仮称)豊田の家」祝上棟!

IMG_6964.jpg




IMG_6969.jpg




IMG_7008.jpg




IMG_7020.jpg





 先日、ブログでご連絡させて頂きました「(仮称)豊田の家」は、予定通り無事上棟することができました。天候が心配されましたが、お蔭様で建前中は、丁度建前日和で終えることができてホッとしました。

 今回の家はいつも以上に軒の出を深く出したのですが、その深い軒の出が、家と佇まいといいますか、どこか優美な感じを生み出していて、その軸組みの美しい姿に感動を覚えました。

 かつて聖徳太子の時代、つまり飛鳥時代に大陸から奈良の地に法隆寺に繋がる寺院建築が輸入されたわけですが、元々の大陸の寺院建築は壁の建築で軒の出がかなり浅かったそうです。それをかつての日本人が日本人趣味として3mを超える深い軒の出に変更し、かつ緩やかで優美な反りのある美しい屋根を生み出しました。この屋根の美しさは、大陸的な壁の力強さを強調した建築とは根本的に異なり、自然と調和した大屋根で包むダイナミックな軸組みの構造美がかつての日本人の琴線に触れたからこそ生み出されたといってもいいかもしれません。

 美しく木を組むということは、以前から私が目標にしていたことではあるのですが、改めてその可能性について色々考えさせられました。




posted by てくてく at 23:17| 愛知 | Comment(0) | 家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月15日

「(仮称)豊田の家」建前の見学会

5月19日(日)、20日(月)に、豊田の家の建前を行なう予定です。以前手掛けさせて頂いた「むくり屋根の家」のような佇まいの、趣きのある平屋の家になりそうです。

もし建前の様子をご見学されたい方は、永井政光建築設計事務所のHPのお問合せフォームからお申し込み下さい。個別に住所と地図をメールにて送らせて頂きます。
※私は2日間常駐している予定です。

今から上棟が非常に待ち遠しいです。



posted by てくてく at 17:12| 愛知 ☁| Comment(0) | 家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月10日

「山吹茶の小さな家(西尾市)」が無事竣工しました!

IMG_5639r+2.jpg
一段上がった畳のダイニングからリビングを見る




IMG_5797-r.jpg
七宝組子のあるオリジナル戸と、真鍮のスイッチ




IMG_5482.jpg
玄関の白熱灯照明




IMG_5535-r-20-10.jpg
本格的な神棚




IMG_5790-15-5.jpg
白木の美しい東濃桧と、欅のオリジナル階段手摺





「山吹茶の小さな家(西尾市)」が無事竣工しました!

最近バタバタしていてなかなか写真の整理が出来ていませんでしたが、ひとまず数枚UPさせて頂きます。

本格的な木質空間でありながら、どこかチャーミングないい感じの家になりホッとしています。LD空間は、構造的に必要な梁材を幾何学的に美しく組み、一段上がったダイニングの桧のマットな天井とのコントラストを意識して設計デザインしました。いい効果がでてとても満足しています。いつものようにシンプルに木の素材感を活かすことを心がけつつ、和のよさも感じられる空間になったのではないかと思います。
また、出来てしまえば目立たない部分ですが、ダイニング天井の平面的に折れ曲がった桧の天井板の納まりなど、棟梁の技術に支えられて出来た家だなぁと、あらためてしみじみ感じることもでき、とても感謝です。また次のお施主様に喜んで頂けるように頑張っていこうと思います。

素敵なお庭も無事完成しましたので、またいい写真が撮れたら、外観や庭の写真もUPさせて頂きます。




posted by てくてく at 11:30| 愛知 ☀| Comment(0) | 家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP はこちら♪ (^o^)/


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■











■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


おすすめの「あずま袋」屋さん
麻縫製工房 公式shop はこちら♪ (^o^)/



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■









人気ブログランキングへ ← 押すと「今日のてくてく」の順位がわかります。