■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP  ← 公式HPに移動します。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■






2019年11月26日

透ける布、暖簾の風情

IMG_2455-r2.jpg




 この写真は、布を介して玄関を見ている画像です。空間を仕切るための要素は壁や建具が真っ先に思いつくと思いますが、暖簾(のれん)という選択肢もあります。布そのものの素材感や、自然なシワが生み出す美しい陰影、さらには光をやわらかく取り込む透け感など、布には布独特の魅力があります。一般住宅でも、意外に可能性を秘めた要素だと言えるのではないでしょうか。


永井政光建築設計事務所 公式HP → https://www.nagai-architects.net/




posted by てくてく at 11:39| 愛知 ☁| Comment(0) | 家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月25日

山吹茶の小さな家のお庭

IMG_7005+1.jpg




 山吹茶の小さな家の最近撮影したお庭です。芝や木々がしっかりと根付き、ちょっとモダンで爽やかなお庭になりました。リビングからの眺めも綺麗です。やっぱり、家とお庭は二つで一つという感じがします。


永井政光建築設計事務所 公式HP → https://www.nagai-architects.net/




posted by てくてく at 16:43| 愛知 ☁| Comment(0) | 家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とある子供部屋の木製建具

IMG_6511-r.jpg




 この建具は、野上の片流れ屋根の家の子供部屋のオリジナル建具です。ガラス部分にはチェッカーガラスを使って、少し可愛い感じの建具になっています。少し北欧デザインのような感じですが、欧米ではあまりみられない引戸になっています。また、無垢のままで天然オイルの塗装のみというのも日本的と言ってもよいのではないでしょうか?(欧米の建具はベチャッと白などに塗ってしまうのが一般的です。)

 オリジナルの木製建具というものはなかなか奥が深いもので、例えばどのような木目(柾目、板目など)をどうするかや、枠の幅、細工の寸法を何ミリにするなどによって、似たようなデザインであっても雰囲気はガラリと変わってしまいます。

 工夫次第によって、建具というものは一つの見せ場にも出来うる要素だと思います。だからこそ、意外に建具のデザインに頭を使う場合も少なくありません。今設計が終盤をむかえている家も、見せ場となりうる面白いオリジナル建具になる予定です。乞うご期待下さい。


永井政光建築設計事務所 公式HP → https://www.nagai-architects.net/





posted by てくてく at 11:19| 愛知 ☁| Comment(0) | 家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月23日

リビングでのとある日常風景

IMG_8382-r.jpg




 牛山の小さな家の、リビングでのとある日常風景の一コマです。時々昔の写真を見返すのですが、懐かしくもあり微笑ましくもある写真が出てきましたのでUPさせて頂きます。年々、木が飴色に変化していくと同時に、その家で暮らす家族も成長していくのですね。デザインしすぎない、品のあるデザインを心がけつつ、暮らしに寄り添うやさしい家にしていきたいと思います。


永井政光建築設計事務所 公式HP → https://www.nagai-architects.net/




posted by てくてく at 23:30| 愛知 ☁| Comment(0) | 家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月11日

「(仮称)豊田の家」竣工写真いろいろ

1.jpg
軒の出の深い、平屋の家です。





2.jpg
奥までスコンと抜けた玄関ホールです。
障子がちょっとしたアクセントになっています





3.jpg
土間と一体になったリビングダイニングです。





4.jpg
太い柱は大黒柱です。
無垢の東濃桧で、8寸角(24cm角)あります。





5.jpg
土間にある、レトロな白熱灯照明。





6.jpg
玄関にある、白熱灯の照明。





7.jpg
キッチンの水屋です。





8.jpg
キッチンです。





9.jpg
リビングにあるパソコンコーナーです。





10.jpg
ヤカンでお湯も沸かせる薪ストーブです





11.jpg
気持ちの良い洗面コーナーです。
敷地条件により隣地からの視線を気にする必要がないので、大きな窓を採用しました。





12.jpg
ホーロー浴槽のオリジナルの浴室です。





13.jpg
緑色の聚楽壁の伝統的な和室です。





14.jpg
玄関ホールから玄関を見ています。





15.jpg
玄関にある、少しかわいい無垢の木製手摺です。







先日、完成見学会のお知らせをさせて頂きました、「(仮称)豊田市の終の棲家」の写真をUPさせて頂きます。

あらためてこの家の中をゆっくり歩きつつ、色々考えに耽りました。この家は裏動線と表の動線が綺麗に分かれていて、奥様には特に使いやすく暮らしやすい間取りになっていると思います。特徴の一つである奥まで抜ける玄関ホールも奥様たっての夢で、色々制約があり叶えることが容易ではありませんでしたが、何とか実現できてよかったです。ここは見せ場ですので、私なりの小粋な和の一工夫もさせて頂きました。また、ご主人様の希望であった、気持ちよく風が流れる家にもなりました。撮影時も、どの部屋にいても気持ちよく風を感じることができました。

この家は写真で見ると大きな家に見えるかもしれませんが、実際の延床面積は27坪程度です。27坪の割りには、空間がダイナミックに繋がっているので圧迫感なく快適に暮らして頂けるのではないかと期待しています。

来週には、いよいよ物が搬入されるようです。晩年の終の棲家として、素敵な第二の人生をスタートして頂けたら幸いです。

※先日ご案内させて頂きました完成見学会ですが、台風により来場される方に万が一のことがあってはいけないので中止させて頂きます。

設計:永井政光建築設計事務所
施工:丸真ケンチク
撮影:永井 政光




posted by てくてく at 13:36| 愛知 ☁| Comment(0) | 家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP  ← 公式HPに移動します。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■