■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP  ← 公式HPに移動します。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■






2016年06月03日

英国旅行 〜ロンドン・グリーンパークなど〜

IMG_7220.jpg



IMG_7223.jpg



IMG_7225.jpg



IMG_7226.jpg



IMG_7227.jpg



IMG_7230.jpg



IMG_7231.jpg



IMG_7075.jpg



IMG_7237.jpg



IMG_7240.jpg




 最終日はロンドン観光です。お気に入りのグリーンパー
クでのんびりして、観光地を色々巡ったりしました。
 常々思うのですが、一枚目の写真にある巨大な芝生の公
園であるグリーンパークは、ロンドン市内のど真ん中、名
古屋で言えば大名古屋ビルジング辺りに巨大な公園がある
感覚でしょうか、その豊かさ、都会のど真ん中に巨大な公
園を設けるからこそ得られるものがあると思います。
 日本には、皇室・神社・仏閣関係には大きな緑地を設け
る傾向があり、それはそれで素晴らしいと思うのですが、
それとは別に、例えば名駅のオフィス街や商業建築の建ち
並ぶど真ん中に、一般市民に開放された、都会の喧騒を忘
れさせる巨大で豊かな公園があったらどれだけ豊かで魅力
ある都市になるだろうと、つい想像してしまいます。(あ
くまで伏見ではなく名駅です。)

 何はともあれ、お陰様で大変有益な旅行になりました。
 気分新たに、日々の仕事に取り組もうと思います。







posted by てくてく at 02:23| 愛知 | Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英国旅行 〜チェルシーフラワーショー〜

IMG_7078.jpg



IMG_7080.jpg



IMG_7081.jpg



IMG_7083.jpg



IMG_7085.jpg



IMG_7086.jpg



IMG_7087.jpg



IMG_7088.jpg



IMG_7089.jpg



IMG_7084.jpg



IMG_7090.jpg



IMG_7091.jpg



IMG_7092.jpg



IMG_7093.jpg



IMG_7094.jpg



IMG_7095.jpg



IMG_7097.jpg



IMG_7098.jpg



IMG_7101.jpg



IMG_7102.jpg



IMG_7103.jpg



IMG_7104.jpg



IMG_7106.jpg



IMG_7108.jpg



IMG_7115.jpg



IMG_7116.jpg



IMG_7117.jpg



IMG_7121.jpg



IMG_7123.jpg



IMG_7126.jpg



IMG_7129.jpg



IMG_7130.jpg



IMG_7131.jpg



IMG_7134.jpg



IMG_7135.jpg



IMG_7139.jpg



IMG_7141.jpg



IMG_7142.jpg



IMG_7144.jpg



IMG_7146.jpg



IMG_7163.jpg



IMG_7148.jpg



IMG_7152.jpg



IMG_7153.jpg



IMG_7155.jpg



IMG_7156.jpg



IMG_7159.jpg



IMG_7160.jpg



IMG_7161.jpg



IMG_7162.jpg



IMG_7190.jpg



IMG_7164.jpg



IMG_7169.jpg



IMG_7173.jpg



IMG_7174.jpg



IMG_7176.jpg



IMG_7177.jpg



IMG_7178.jpg



IMG_7184.jpg



IMG_7185.jpg




IMG_7214.jpg



IMG_7193.jpg



IMG_7196.jpg



IMG_7197.jpg



IMG_7199.jpg



IMG_7203.jpg



IMG_7206.jpg



IMG_7207.jpg



IMG_7209.jpg



IMG_7212.jpg




 英国旅行の三日目は、今回の旅のメインであるチェル
シーフラワーショーに行ってきました。1年に一回、わ
ずか一週間のみの開催のこのイベントは、期待をはるか
に超える魅力的なイベントでした。入場料は1万円程で
高価にもかかわらず、ディズニーランドを思わせるほど
の賑わいで、ものすごい人ごみでした。

 ショップなどの各ブースの他に、プロのガーデナーが
各区画を自由にガーデニングした庭が沢山あり、とても
見ごたえがありました。写真画像ではなかなか伝わらな
いかもしれませんが、本当に質が高く、美しく、ただ植
栽や花を植えるという次元ではなく、品があり、洗練さ
れた庭も沢山ありました。センスのいい作庭家がつくる
庭は、どこか絵画的な美しさがあります。庭全体に対す
る余白のつくり方や、造形的なバランスや樹形、樹種な
どの構成のまとめ方、色の配色、高低差の活かし方など、
優れた実例を観ると、皮膚感覚で得るものがありました。

 百聞は一見に如かずとよく言われますがまさにそんな
感じで、日本の枯山水もステキですが、こういった庭も
日本の住宅、如いては私の設計した家に必ずマッチする
という確信を得ることが出来きたと思います。チェルシ
ーフラワーショーの庭とコッツウォルズとはやや趣向は
違いますが、やはり英国全般の庭の文化の深さや豊かさ
を感じます。

 日本においてどう活かすのか、更なる可能性が広がり
そうです。







posted by てくてく at 01:56| 愛知 ☀| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英国旅行 〜オックスフォード大学・ボドリアン図書館〜

IMG_6992.jpg



IMG_6993.jpg



IMG_6994.jpg



IMG_6996.jpg



IMG_7031.jpg



IMG_7030.jpg



IMG_7029.jpg



IMG_7025.jpg



IMG_7023.jpg



IMG_7022.jpg



IMG_7034.jpg



IMG_7020.jpg



IMG_7018.jpg



IMG_7017.jpg



IMG_7015.jpg



IMG_7007.jpg



IMG_7003.jpg



IMG_7010.jpg



IMG_7009.jpg



IMG_7008.jpg



IMG_7021.jpg



IMG_7002.jpg



IMG_7001.jpg



IMG_7000.jpg



IMG_6999.jpg



IMG_6998.jpg



IMG_6997.jpg




 今回は、オックスフォード大学の第二弾、ボドリアン
図書館です。有料の案内ガイド付きのツアーに参加しま
した。写真撮影が可能な場所が限定されていたため、重
厚な革張りの古書がズラリと収納されているメインの場
所は残念ながら撮影できませんでした。いやぁ、それに
してもすごいですね。図書館とは思えない重厚さ、格式
の高さ。歴史の深さや学問の重みを否が応でも感じてし
まいます。

 お陰様で、建築的にも大いに勉強になり、かつヒント
を得ることが出来ました。







posted by てくてく at 01:02| 愛知 ☀| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英国旅行 〜オックスフォード大学・クライストチャーチ〜

IMG_7043.jpg



IMG_7070.jpg



IMG_7068.jpg



IMG_7067.jpg



IMG_7073.jpg



IMG_7062.jpg



IMG_7063.jpg



IMG_7061.jpg



IMG_7057.jpg



IMG_7056-1.jpg



IMG_7055.jpg



IMG_7054.jpg



IMG_7053.jpg



IMG_7052.jpg



IMG_7066.jpg



IMG_7049.jpg



IMG_7047.jpg



IMG_7046.jpg



IMG_7045.jpg



IMG_7041.jpg



IMG_7038.jpg



IMG_7037.jpg



IMG_6989.jpg



IMG_7050.jpg




 英国二日目は、オックスフォード大学のクライスト・
チャーチとボドリアン図書館を訪れました。これらは庭
の勉強というよりは、純粋に建築の勉強のためと、世界
最高峰の大学の雰囲気を体感したくて訪れました。どち
らもハリーポッターという映画の舞台としても有名です。

 今回のクライストチャーチは、現在手掛けさせて頂い
ている「響愛の森」の多目的ホールの木製ステンドグラ
スに参考になるのではないか、という意図があり訪れま
した。お陰様で、いいヒントを得ることが出来ました。
ちなみに、ここは現在も学生の食堂として、観光客のい
ない時間帯に実際に使われているそうです。

 オックスフォード大学は、歴代の英国の首相を多く輩
出しているのですが、さすがに何か雰囲気や学生の目つ
きが、ピリッツ、キリッとしたものがありました。もし
も生まれ変わったら、学生として通ってみたいなぁ(な
んちゃって)。




posted by てくてく at 00:23| 愛知 ☀| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月02日

英国旅行 〜コッツウォルズ〜

IMG_6981.jpg



IMG_6976.jpg



IMG_6972.jpg



IMG_6970.jpg



IMG_6968.jpg



IMG_6983.jpg



IMG_6963.jpg



IMG_6964.jpg



IMG_6965.jpg



IMG_6958.jpg



IMG_6952.jpg



IMG_6951.jpg



IMG_6949.jpg



IMG_6943.jpg



IMG_6942.jpg



IMG_6966.jpg



IMG_6928.jpg



IMG_6939.jpg



IMG_6933.jpg



IMG_6931.jpg



IMG_6926.jpg



IMG_6917.jpg



IMG_6920.jpg



IMG_6913.jpg



IMG_6912.jpg



IMG_6909.jpg



IMG_6902.jpg



IMG_6907.jpg



IMG_6903.jpg



IMG_6905.jpg



IMG_6886.jpg



IMG_6900.jpg



IMG_6879.jpg



IMG_6881.jpg



IMG_6868.jpg



IMG_6853.jpg



IMG_6850.jpg



IMG_6849.jpg



IMG_6846.jpg



IMG_6829.jpg



IMG_6844.jpg



IMG_6845.jpg



IMG_6834.jpg



IMG_6833.jpg



IMG_6825.jpg




 今回の旅は、いつもお世話になっている盟友の作庭家
さんとその従業員と私の3人で行きました。ヒースロー
空港に着き、まずレンタカーを借りてコッツウォルズに
向かいました。コッツウォルズに行くのは私は二回目と
なります。私が初めてコッツウォルズ行ったのはまだ会
社勤めの20代の頃(今から十数年前)で、両親と結婚
前の妹と4人で行きました。その当時の私は30才まで
に独立したいと考えており、漠然とした理想を模索して
いた時期でした。自然素材の木造住宅にはその当時から
興味はあったのですが、本物の自然素材の家を目指すと
いう確信と言いますか、明確な目標といいますか、哲学
を不動のものにした出来事が、このコッツウォルズの石
の家や、その他のイギリスの煉瓦の家々を観たという体
験によるものでした。

 今回十数年ぶりにコッツウォルズの地を訪れ、懐かし
さと共に、原点を見つめるよい機会となりました。住宅
の「理想」のあり方や、家と庭とが織りなす美しい詩的
な風景、ゆっくりと流れる時間の流れと人間の暮らす生
活のあり方など、色々考えさせられることがありました。

 作為的なものではなく、より自然でより素直でよりシ
ンプルであるというものづくりのあり方は私の原点であ
り、基本とすべき姿勢だと改めて感じました。



posted by てくてく at 23:58| 愛知 ☀| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP  ← 公式HPに移動します。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■