■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP はこちら! (^o^)/


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■







2018年02月04日

講演会「伝統的構法木造建築物の新築と改修について」

先週、「伝統的構法木造建築物の新築と改修について」
という講習会に参加してきました。実務者に大変有益な
情報を沢山講演して頂き、とてもためになりました。特
に印象的だったのは、昔ながらの石場立ての工法が大地
震においていかに有効に効き、倒壊を防ぐメカニズムな
のかということや、石場立て工法には今のところ限界耐
力計算が避けられないということ、そして、2016年
の熊本地震による木造建築物の被害調査の分析です。

また、E−ディフェンスによる木造伝統構法の原寸大の
建物を過去の大地震と同じように揺らした時の揺れ方を
再度確認できたのも良かったです。

今後、いわゆる伝統構法が建てやすくなるような法改正
が進んで行くようです。西欧的な、ただただ硬い壁と硬
い床に頼る工法から、社寺建築のようにより強くしなや
かな、そして風土にも理に適った方向へ進んでいくとい
いなと思います。



posted by てくてく at 21:37| 愛知 ☀| Comment(0) | 家の勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

アルフレックス名古屋主催「2017ミラノサローネレポート」

昨日、アルフレックス名古屋主催の「2017ミラノサ
ローネレポート」を聞きに伺いました。ミラノサローネ
は、イタリアのミラノで年一回行われる家具やデザイン
の一大イベントで、その年のトレンドや最先端のデザイ
ンなどが目白押しの大きなイベントです。今年のミラノ
サローネの概要を、アルフレックスさんに分かりやすく
レポートして頂きました。

その中で、いくつか心に残るイメージや、今後のヒント
になりそうな情報がありました。建築をつくる上で、ト
ータルでのデザイン力を磨いて、もっと質を追及してい
きたいものです。

あぁ、それにしても、近い将来ミラノサローネに行って
、生の雰囲気を味わってみたいなぁ。


posted by てくてく at 01:27| 愛知 ☁| Comment(0) | 家の勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月24日

藤村龍至さんのセミナー「3.11後の建築を考える〜あいちのデザインに向けて〜」

 今日、藤村龍至さんのセミナー「3.11後の建築を考え
る〜あいちのデザインに向けて〜」を聞きに、金山に行
ってきました。

 藤村さんは今注目の若手建築家のお一人で、建物をつ
くるプロセスをとても大切にされている方です。そのプ
ロセスを手間と時間を惜しまず経ることによって、より
社会全体や地域住民にとって有益な建物が出来上がると
いうことを、多くの具体例を交えて詳しく教えて頂きま
した。

 そのプロセスに関する詳しい説明は省かせて頂きます
が、今後公共施設を取り組む際には、大変有効な進め方
だと思いました。以前、建築探訪で取り上げさせて頂い
た、湘南台文化センターを設計した長谷川逸子さんのプ
ロセスとやや似ていますが、藤村さんの仕組みの方がよ
り確実に住民の意を組んだものが出来そうだと思いまし
た。

 建築家の社会的責任をいかにまっとうしていくのかと
いうのは、重要で重たい課題だと思います。自分に合っ
た方法論を実践しながら、より社会にとってもいい建築
をつくっていきたいと思います。




永井政光建築設計事務所HPはこちら!



posted by てくてく at 21:10| 愛知 ☀| Comment(0) | 家の勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月15日

講習会「漆喰をかがくする」

 先日、「漆喰をかがくする」という講習会に参加させて
頂きました。僕の設計する家は漆喰を多用していることも
あり、あらためて漆喰が素晴らしい材料である、というこ
とが客観的に再認識できてとても有益な講習会でした。
 講師は、漆喰の普及に情熱を燃やす左官業の4代目の福
田正伸(漆喰九一)さん。下記は、特に僕にとって印象深
かった事項です。

<漆喰は火災に強い>
 実際にバーナーで漆喰壁を燃やそうとする動画を見せて
頂きました。建築基準法で不燃材料に指定されているのは
当然知っていたのですが、映像として動画で見させて頂い
て、いかに火に強いのか、燃えないのかが皮膚感覚で理解
できたように思います。

<火災の際に有毒ガスを発生しない>
 建物火災での死因のトップは火傷ではなく、一酸化炭素
中毒又は窒息で、その根本原因である有毒ガスの発生元は
、ビニールクロスやそれを貼ったり新建材などによく使わ
れる接着剤が燃えることによることが多いそうです。(い
わゆるジョリパット系の塗材はもちろんのこと、自然素材
と言われている珪藻土にも接着剤は入っています。)よく
使われる建築材料のうちで、火災においても全く有害物質
を発生しない数少ない材料の一つが漆喰です。そういう意
味においては、漆喰は、命を守る材料と言っても過言では
なさそうです。万が一、漆喰壁とクロスを併用している家
にお住まいの家が火災にあった場合は、なるべく漆喰の部
屋を通りながら外に出られた方がよさそうです。

<においが付きにくい>
 においの原因の多くは油の酸化によるもので、そういっ
た油は、一般的は壁などには『面』にベチャッとつくそう
ですが、漆喰は静電気を帯びないことにより、『点』とし
てしか油がつかず、それによってにおいがかなりつきにく
いそうです。実際に、竣工後何年も経過した漆喰の家にお
邪魔しても、本当に、どの家も空気が綺麗な印象がありま
す。(漆喰壁だからこそ、何年経っても木の香りがしてい
るのかもしれません。)
 漆喰は消臭効果もあります。講習会の会場で、スルメを
いれたタッパーを2種類まわして頂いたのですが、1つは
タッパーにスルメのみ、もう一つはタッパーの内側に漆喰
を塗った上にスルメが入っていました。実際に匂いを嗅ぎ
比べると、明らかに漆喰が塗ってある方が匂いがマイルド
で優しい感じでした。


 その他にも、漆喰は本当に固まるまでは1〜1年半かか
ることや、イタリアのアルベロベッロの漆喰壁の街並みの
話し、福田さんの失敗談やこれからの漆喰についてなど、
中身の濃いお話しでした。

 本当に貴重なお話しを聞かせて頂き、ありがとうござい
ました。


posted by てくてく at 10:34| 愛知 | Comment(0) | 家の勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

家の勉強会 講師:久住有生氏(左官職人)、伊礼智氏(建築家)

IMG_4105.jpg


 先日受講した勉強会の様子です。愛知県の名工大(名古屋工業大学)で開催
された、「木の家スクール」という勉強会で、月に1回程度、様々な木の家の
スペシャリストの方が講師としていらして下さいます。

 今回のトップバッターは、ドイツやフランスなど、世界的に活躍される左官
職人の久住有生(くすみなおき)さんです。

 久住さんのお話しで印象的なことは、

・数奇屋などの左官の最後の仕上げは5回塗りで、150種類以上のコテを使い
 分ける。
・そのコテは加治屋さんにオーダーメイドで色々と要望をだして作ってもらう。
・できる限り、土壁はセメントを入れず(減らして)、土本来の感じを大切に
 している。

などです。いい勉強になりました。



IMG_4109.jpg


 次は伊礼智(いれいさとし)さんです。伊礼さんは現在大活躍で本も出され
ている建築家で、東京を中心に活動され、特に小さな住宅の設計が得意な建築
家です。

 伊礼さんのお話しで印象的なことは、

・軒先の高さはH=2,100がちょうどいい。H=2,500もあると間が抜けてしまう。
・断熱材として、セルロースファイバーがおすすめ。
・お仲間は、中村好文さん、永田さん、益子さん。
・上手に設計する3つのポイント
  1.天井を低くする。
  2.窓を少なくする。
  3.天井に照明を付けない。
・俵屋旅館は素晴らしい。

などです。共感できるところがとても多く、いい勉強をさせて頂きました。



参考図書 : 伊礼智の住宅設計法/伊礼智 著  新建新聞社

撮影日:2011.11.19
posted by てくてく at 09:17| 愛知 ☀| Comment(0) | 家の勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP はこちら♪ (^o^)/


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■











■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


おすすめの「あずま袋」屋さん
麻縫製工房 公式shop はこちら♪ (^o^)/



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■









人気ブログランキングへ ← 押すと「今日のてくてく」の順位がわかります。