■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP はこちら! (^o^)/


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■







2012年01月10日

自然素材の家について7/漆喰壁がよごれたら

[漆喰壁がよごれたら]


si1.jpg


si2.jpg



 よくあるご質問で、漆喰壁が汚れたらどうしたらいいの?というのが
あります。

 ちょっとしたコーヒーのシミや、鉛筆などの軽い着色なら、布に水を
含ませて拭けば綺麗になります。(実際に自分で実験してみました!)
漆喰壁がボロボロに取れてきたりということはありません。(漆喰は意
外に丈夫ですよ。)

 軽いよごれではない場合は、目の細かい紙ヤスリでこすれば、大抵の
汚れは落ちますよ。
 紙ヤスリでこする際は、細かい粉が飛び散りますので、袋で覆いなが
らこするなど、何らかの飛び散り対策もしましょう。
 こすった跡は、それほど目立ちません。

 通常は上記でOKですが、あまりにも酷い場合や、きっちり直したい
場合は、下地から取り替えて、再度左官屋さんに塗ってもらうことも出
来ます。

 漆喰壁は多少割高ですが、意外によごれにくい材料で、調湿機能もあ
り、シックハウスの心配もなく、しかも美しい材料なので、ご興味のあ
る方はぜひ一度チャレンジしてみたら如何でしょうか。(笑)


ラベル:漆喰
posted by てくてく at 15:36| 愛知 ☀| Comment(0) | 自然素材の家について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月06日

自然素材の家について6/燻し瓦

[燻し瓦]


DSC_0387.jpg


 私が自然素材の家としてお薦めしたい屋根材は燻し瓦です。

 一般的な和風の家はどうかといいますと、瓦に燻し瓦色のグレーなど
の色や光沢の出る上薬を塗布したものが多いようです。それらは要する
に、表面をコーティングして昔ながらの燻し瓦に似せた瓦といえます。

 本物の燻し瓦は、本当に瓦を燻して美しい銀色にします。瓦を割って
も、何と!中まで同じ銀色です。耐久性も、長い歴史が証明しています。

 燻し瓦の最大の魅力は、何と言っても、味わい深い質感や独特の光沢
の美しさです。

 あと、燻しかどうかに係わらず、屋根を瓦にすると地震に弱いという
意見もありますが、建築基準法上でも、瓦など重い屋根の場合の構造(
壁量)計算方法をしないといけませんし、十分に余裕を見た軸組み壁量
設計をすれば、全く問題ありません。

 自然素材の家を愛する方々は、一度燻し瓦もご検討下さい。(笑)


ラベル:和瓦 燻し瓦
posted by てくてく at 16:21| 愛知 ☁| Comment(0) | 自然素材の家について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月21日

自然素材の家について5/木のメンテナンス

[自然素材の家について5/木のメンテナンス]


DSC_0108.jpg


 無垢の木のメンテナンスはどうするんですか?とよく一般の方から質問
を受けます。

 基本的に、メンテナンスは不要です。普通に掃除機をかけたり、軽く汚
れたら水拭きしたりする程度で通常はOKです。

 もしシミになるくらい汚れたら、木専用の洗剤(ホームセンターで購入
可)を水で薄めて布に付けて拭けば、かなり落ちます。

 天然木のフローリングは、一般的な合板のフローリングと比べて、風合
いがいいだけでなく、傷ついたときにそれが何とも言えない味になって、
年月が経つほどいい感じになっていきます。

 私の事務所の床フローリングの標準仕様は、無垢のタモにエゴマの油を
塗装するのですが、かなり硬い材料で、傷つきにくい材料でお薦めです。


posted by てくてく at 13:38| 愛知 ☁| Comment(0) | 自然素材の家について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月12日

自然素材の家について4/無垢のフローリングの塗装

[自然素材の家について4/無垢のフローリングの塗装]


 フローリングの塗料は、一般的にはウレタン系が多いようです。

 ただ、ウレタン系は、化学的につくった材料で、かつ、光沢がありすぎ
て、自然な感じがしませんので、個人的には自然塗料にこだわっています。

 私はエゴマの天然油の1回塗りを標準仕様にしているのですが、すごく
風合いが良く、しかも、1年経っても塗料が薄くなることは全然ありませ
んでした。

 もし薄くなっても、自宅にある着なくなったTシャツなどの布でエゴマ油
を付けて塗るだけで、本当に簡単に塗ることが出来ます。

 自然塗料は、シックハウスに安心で健康的なだけでなく、塗った後の風合
いがとてもよくて、使うごとに味が出るので、おすすめです。
posted by てくてく at 14:51| 愛知 ☀| Comment(0) | 自然素材の家について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月26日

自然素材の家について3/国産の木

[自然素材の家について3/国産の木]



102.jpg


ki1.jpg


ki4.jpg


ki5-3.jpg


k9.jpg


jyoutou2.jpg


jyoutou3.jpg




 自然素材で、無垢の木こだわっている工務店も随分多くなってきました
が、多くは「米松(べいまつ)」などの外国産が大半のようです。

 国産の木の利点は、

 ・四季があり、湿気が多い 「日本の気候」 に合っている。
 ・地産地消に貢献できる。
 ・純粋に見た目が美しい。
 ・特に柱に使う檜は、構造強度的に、ねばりがあって強い。

という点だと思います。

 また、今回は掘り下げませんが、地産地消に貢献することによって、日
本にとって、上記以外にさまざまな利点があります。

 少しずつでも、国産の木を生かした家づくりがスタンダードになるような
社会にしていくことに、貢献していけたらと思っています。
posted by てくてく at 14:36| 愛知 ☀| Comment(0) | 自然素材の家について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 公式HP はこちら♪ (^o^)/


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■











■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


おすすめの「あずま袋」屋さん
麻縫製工房 公式shop はこちら♪ (^o^)/



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■









人気ブログランキングへ ← 押すと「今日のてくてく」の順位がわかります。