■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 HP  ← こちら
永井政光建築設計事務所 YouTubeチャンネル  ← こちら


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■






2020年10月15日

本巣の家の木製建具の加工場見学

IMG_9795.jpg



IMG_9802.jpg



IMG_9845.jpg




先日、建具屋さんの加工場にお邪魔して、本巣の家の木製建具の加工風景を観させて頂きました。

この建具屋さんはいつもお願いしている馴染みの建具屋さんで、岐阜県恵那市のとても自然豊かで美しい山の景色が広がる場所に工場があります。オリジナルの木製建具専門の建具屋さんは田舎普請が割合多い岐阜県でも現在では珍しい存在になっており、恵那市内の建築屋さんでも既製品の建具を使うことが主流になっているとおっしゃっていました。

木造建築は大変奥が深い分野だと思っているのですが、その中でも木製の建具は奥が深い分野だと思います。今回の本巣の家では、玄関戸や玄関からリビングに入る引戸、階段室に入る引戸の三つが特に特徴的で、見ごたえのある建具になりそうです。以前採用したことのある組子細工の組み込まれた建具も階段室に入る建具で使われます。

巨大な製造工場で作られた既製品の建具が決して悪いわけではありませんが、職人による手仕事の建具というのは、質感や手触り感がよく、木の温かみもあり、年数を経るごとにあめ色に味わい深く変化していくなど、私自身施主さまにおすすめしたい建築要素の一つです。

本巣の家の木製建具がついた姿が待ち遠しいです。




posted by てくてく at 23:55| 愛知 ☀| Comment(0) | 家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 HP  ← こちら
永井政光建築設計事務所 YouTubeチャンネル  ← こちら


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■