■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 HP  ← こちら
永井政光建築設計事務所 YouTubeチャンネル  ← こちら


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■






2020年11月25日

GRAY HOUSE(瑞浪市の家) 居間空間の進捗状況です。丸太組みがオブジェのようにいい感じです。

IMG_0673.jpg




昨日の外観に続き、GRAY HOUSE(瑞浪市の家)の居間の進捗状況です。

居間空間も、GRAY HOUSEの名前のようにグレイ色の壁の室内空間です。天井は無垢の桧で、勾配天井の下部は結構低く設定しているのですが、それによって包まれたような居心地のいい空間になったと思います。グレイ壁の室内空間もなかなか落ち着いた雰囲気でいい感じです。グレイ空間の窓は白色で統一し、モダンで洋風な雰囲気に和の丸太組みがオブジェのようにいい存在感を醸しています。

ちなみにこのGRAY HOUSEの丸太組みは、以前YouTube動画にUPさせて頂いた丸太組みです。鑿(ノミ)や鉋(かんな)、墨壺を使った棟梁の生の加工風景や仮組み風景を一度見て頂くと、手刻み加工や木組みの素晴らしさを実感して頂けるのではないかと思います。まだご覧になられていない方は、もしよろしければ下記アドレスからご覧ください。

丸太組みの動画アドレス → https://youtu.be/xjjsAxv7be0
丸太組み編サムネ6.jpg




posted by てくてく at 22:19| 愛知 ☀| Comment(0) | 家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 HP  ← こちら
永井政光建築設計事務所 YouTubeチャンネル  ← こちら


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■