■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 HP  ← こちら
永井政光建築設計事務所 YouTubeチャンネル  ← こちら


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■






2020年12月01日

リノベーションさせて頂きました可児市の家のLDKです。(前回の続きです)

IMG_0071-3+2.jpg




昨日UPさせて頂きました可児市の家の続きです。
昨日書かせて頂いたように、この家は昭和後期に建てられた一般的な家でリノベーションをさせて頂きました。元々、リビングとダイニングキッチンは壁で仕切られており天井もあったのですが、その壁と天井を撤去し、小屋裏に隠れていた丸太梁を表しにして開放的なLDK空間にしました。

いわゆる昭和の時代によく見かけた室内が、カフェのようないい雰囲気の空間にリノベーションされました。床は無垢の杉板を張り、斜め天井(野地板)にも無垢の杉板を新たに張りました。程よい解放感のある、ワンルームのような居心地のいい空間です。この家に移り住んでから、ちょうど待望のお子様も産まれて、ご夫婦とも幸せそうで何よりでした。

多くの方にとって家づくりと言えば新築をイメージされると思いますが、中古住宅のリフォームやリノベーションであっても、上手に計画し、いい大工さんが施工すれば、新築のように快適に暮らすことができます。こういったリノベーションも、木造を得意とする設計事務所ならではの良さが活かせたのではないかと思います。これから家づくりを検討される方は、是非こういったやり方もあるということも知って頂けたらと思います。




posted by てくてく at 21:24| 愛知 ☀| Comment(0) | 家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


永井政光建築設計事務所 HP  ← こちら
永井政光建築設計事務所 YouTubeチャンネル  ← こちら


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■